Android OSバージョン分布最新データ発表(2010年11月1日付)。Android 2.2のシェアが36.2%へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
米Googleは1日、Android開発者向けのウェブサイトで公開している、Android OSのバージョン分布最新データを更新した。同社は以前は2週間置きにデータの更新を行ってきたが、ここ最近は1ヶ月間のインターバルが設けられるようになっている。今後もこの頻度でのアップデートになりそうだ。今回のデータによれば、現在Androidで最も多く普及しているバージョンは2.1。依然として4割を超える数字を誇る。具体的には40.8%。先月が40.4%だったのでほぼ同じ。次に続くのが2.2で36.2%。一時期大きく伸びたこともあったが、今では緩やかな増加の流れになってきている。3位は1.6で15%、4位は1.5の7.9%。

なお、1.6は今でも15%残っているが、1.6を搭載していた有力スマートフォンの多くが2.1以上へのアップデートを済ませている状況にあるため、残る大物はソニー・エリクソン製のXperia X10シリーズとなる。Xperia X10シリーズへのアップデートは一部の国と地域では配信開始となっており、来月のバージョン分布データには反映される予定。おそらく1.6の割合が数%程度減ることになるだろう。

下図がデータ。11月1日直近の2週間で集計されたもの。


今後の予測としては来月には2.1がやや増加、もしくは横ばい、2.2も同様にやや増加か横ばい、そして1.6と1.5が若干数字を落とす、ということになりそうだ。AndroidのOSバージョンは、いよいよ2.1以上が市場をほぼ占める状況に入ってきた。アプリの開発者にとっては2.1以上、もしくは2.2以上に対象に絞っても大きな問題が生じにくい時期になりつつある。

とはいえ、今月中には次期バージョンのGingerbreadが発表されるとの噂もあり、数ヵ月後には再びバージョンの乱立状態がシャッフルされるかもしれない。

下はこれまでの遷移グラフ。



【情報元、参考リンク】
Google/Android Platform Versions
Android OSバージョン分布データ(10月1日付)の記事
Android OSバージョン分布データ(9月1日付)の記事
Android OSバージョン分布データ(8月2日付)の記事
Android OSバージョン分布データ(7月15日付)の記事
Android OSバージョン分布データ(7月1日付)の記事
Android OSバージョン分布データ(6月16日付)の記事
Android OSバージョン分布データ(6月1日付)の記事
Android OSバージョン分布データ(5月17日付)の記事
Android OSバージョン分布データ(4月12日付)の記事
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑