Androidニュース&アプリ情報メディア

新着

5/recent/ticker-posts

サイバーエージェント、Androidアプリマーケット「Ameba AppMarket」を提供開始。アメゴールドでの決済も可能

サイバーエージェントは12日、Android(アンドロイド)向けのアプリマーケット「Ameba AppMarket」の提供を開始した。Ameba AppMarketは、Androidアプリを紹介・販売するマーケットサイトで、PC及びスマートフォンのウェブブラウザから利用することができる。サービスイン当初は同社のブログサービス「Ameba」のブログ投稿・閲覧アプリや、女性向け写真共有アプリ「girls pic」などの「Ameba」提供アプリに加え、外部のデベロッパーが制作するいくつかのジャンルのアプリがラインナップされる。


サービスイン時の外部デベロッパー数は34社で、今後続々と配信アプリが追加され、年内には1,000アプリにまでラインナップが拡充される予定。

Ameba AppMarketでは、アプリはゲームやツール、ブックなどのカテゴリ別、ランキング別に探し出すことが可能で、キーワード検索もできる。有料アプリの購入や、アプリ内課金の決済方法として、「Ameba」の仮想通貨「アメゴールド」が採用されているので、1,500万人に及ぶAmeba会員が利用するには敷居が低くなっている。

Ameba AppMarketへのアクセスは下記リンク先より。Ameba AppMarketでアプリをダウンロードするには、Amebaの会員登録(無料)及びログインが必要だ。

PC向け:http://appmkt.ameba.jp/
Android端末向け:http://s.appmkt.ameba.jp/

下に掲載した画像は、アプリ提供デベロッパーリスト。



【情報元、参考リンク】
サイバーエージェント/プレスリリース

読者&編集部コメント欄

この記事のコメント:0 件