Androidニュース&アプリ情報メディア

新着

5/recent/ticker-posts

NEC、デュアルディスプレイのAndroidタブレット「LT-W」を発表

NECは現地時間6日、米ラスベガスで開催されている家電見本市「CES 2011」で2つのディスプレイを持つAndroidタブレット「LT-W」を発表した。同社はこの製品を「クラウド・コミュニケーター」と紹介している。具体的には企業及び教育機関での業務や学習用途、電子書籍リーダーなどとしての利用なども想定している模様。もちろん、Androidタブレットとしてウェブブラウジングなどを楽しむことを始め、様々な用途に利用することができるはずだ。

端末のハードウェア面での大きな特徴は一目でわかるデュアル・ディスプレイ(スクリーン)仕様だろう。

書籍を開いた状態のように、2つの7インチTFT液晶ディスプレイが備えられ、開閉することができる。それぞれのディスプレイ解像度は800×600で、ノングレアパネルが採用されている。タッチパネルの方式は抵抗膜圧タイプで、操作用のスタイラスが付属する。

さらに、一般のAndroidタブレットでは見られない5方向キーも搭載する。これはリングボタンでの上下左右に加えて中央ボタンを押すことができる。右手で持ったときに親指一本で端末をある程度操作することが可能とみられる。端末を縦に持ったときにはちょうど左手親指がこの位置に来ることになりそうだ。

その他のスペックはCPUがARM Cortex A8、内蔵メモリは384MB RAM、1024MB ROM(システム領域含む)、カメラは3メガピクセルのオートフォーカス機能付き、Wi-FiがIEEE802.11b/g、Bluetoothが2.1+EDR(対応プロファイルはOPP、HSP、A2DP、AVRCP)、GPS搭載、外部メモリとしてSDHCカードスロットを搭載などとなっており、オプションとして3G対応も準備されるようだ。端末のサイズは135×208×23mmで重さは約530g。内蔵バッテリーによる連続動作時間は約5時間とされている。

UPDATE
2011年内に国内投入される予定。

【情報元、参考リンク】
NEC/Androidクラウド・コミュニケーター LT-W紹介(PDF)

読者&編集部コメント欄

この記事のコメント:0 件