KDDI、CEATEC出展内容を発表。シャープ製Androidスマートフォン「IS03」も展示へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
KDDIは28日、10月5日から9日までの予定で開催されるIT・エレクトロニクス展「CEATEC JAPAN 2010」への出展内容を発表した。同社がCEATECに出展する内容は新商品をはじめ、固定通信とモバイル通信との融合、通信と放送との連携による、「マルチスクリーンで広がる未来のリビング」など、新しいテレビの視聴スタイルを提案する最新サービスや商品も含まれる。さらに、今後導入される3.9世代移動通信システム「LTE」の試作機やモバイルのインフラ整備への取り組み、auサービスの新たな展開が紹介される予定。そして、auの第2弾Androidスマートフォン「IS03」も展示されるようだ。

同社はシャープ製の最新Androidスマートフォンを10月4日に発表する予定であり、この端末「IS03」への注目は非常に高まっている。特に同社のau向けスマートフォンといえば、第1弾モデルである「IS01」は多くのユーザーに肩透かしさせた過去がある。結果的にIS01は9月中旬までに約5万台を販売するという、まずまずの成果を残したものの、発表直後のインターネット上には批判的な意見が多く見られた。

逆にその分、第2弾スマートフォンへの期待は高まったわけだが、今では正式発表前からすでにプラス面の声が多く聞こえる状況が生まれている。というのも、27日、IS03と考えられる写真が流出したとの話題があり、それが本物だとすれば魅力的な端末に見えたからだ。当然、写真の真偽は不明のため、実際のIS03と結びつけてしまうのは危険だが、3.5インチのディスプレイを持ち、比較的コンパクトかつシンプルでスマートなデザイン、9.6メガピクセルのCCDカメラ、ワンセグ、おサイフケータイ機能搭載とくれば、スマートフォンへの乗り換えを考えている一般ケータイユーザーへの訴求効果は高い。

もちろん、仮に本物だったとしても現時点では中身や細かいハードウェア・スペックも不明なので、全てを判断するには時期尚早だ。

しかし、いずれにしても4日に正式発表され、その後CEATECで展示される予定だ。楽しみに待ちたい。

なお、KDDIのCEATECへの出展内容は次の通り。他にもキーノート・スピーチやミニステージもある。CEATECの一般公開日は6日から9日で、会場は幕張メッセ。

(1) リビングの楽しみの広がり
  • 視聴中の番組とネット上のコメントを連携させ、テレビ視聴をもっと楽しく「ソーシャルメディア視聴」
  • テレビ画面にケータイをかざし、自分に合ったおススメ情報を入手「"smARt" テレビ視聴」
  • ちょっとした空き時間に、ニュースやドラマの内容を短時間でチェック「テレビダイジェスト」
  • auひかりなどの映像視聴に加え、ケーブルテレビの視聴にも対応した「Android搭載ハイブリッドSTB (セットトップボックス)」
  • 自分が撮影した写真や新着ニュースから、自分だけの新聞を自動で生成「パーソナライズド新聞」
  • 離れた場所にいる複数のユーザが、ブラウザを介してWebサイトを共有閲覧「ブラウザ連携コミュニケーション」
  • 斬新的なキー入力方法で、便利さ、快適さを追求「背面入力インターフェース」
  • 単なる3D映像ではなく、見たい視点を自由に操作「スタジアム3D自由視点」
  • 見たいコンテンツをすばやく見つけるためのナビゲーション「J:COM TVナビ」
  • 家にあるTV、ホームサーバ、ゲーム機などがケータイを中心に一つにつながる「テレビ視聴のパーソナライズ」

(2) モバイルの新たな可能性

1) 新商品
  • 10月4日 (月) にシャープと発表する新商品の展示
2) auインフラの進化
  • LTE導入プランのご紹介と端末試作機の展示「LTEに向けた取り組み」
  • ハイスピードで、コンテンツダウンロードやメール送受信がさらにサクサク快適に。携帯電話試作機を体験展示「EVDOマルチキャリア」
  • 自宅の電波改善、通信速度の向上など、さらにサクサク快適にもっとつながるための取り組みを紹介する「エリア・通信品質向上の取り組み」
3) "ツカエル" モバイルの進化
  • 携帯を利用したヘルスケアの展望。ライフログを中心に個人の生活習慣を改善、"つながり" ある健康な生活を可能に「ヘルスケア」
  • NFC (近距離無線通信) により、国内だけでなく世界中で、携帯電話を「かざす」多くのサービスが利用可能に「モバイルNFCの広がり」
  • じぶんだけのバーチャル王国を創造し、アドレス帳に入っている友達と「簡単に」ゲームを共有「サンシャイン王国」
4) Home&Mobile!
  • インターネットをパソコンだけでなく、もっと手軽に簡単に使える「おうち用タブレット端末」
  • 電源コンセントとテレビ用コンセントにつなぐことで、効率よく安定したネット環境を実現する「有線LANモデム」
  • auケータイと組み合わせて、いつでもどこでも気軽に無線LAN搭載機器が楽しめる「Bluetooth/無線LAN変換ルータ」
  • 利用シーンに応じて2つのコースが選択可能な「au one netの高速モバイル通信サービス」

(3) ソリューション
  • オフィスIT環境は、KDDIにすべておまかせ「KDDI まとめてオフィス」

(4) KDDIのCSRの取り組み
  • 地球環境保全への取り組み~環境負荷の低減に向けて~
  • CO2排出量・消費電力コストを削減する、太陽電池/蓄電池/深夜電力 = 3つの電力連携によるトライブリッド電力制御方式「トライブリッド基地局フィールドトライアル」
  • KDDIのICTを活用した、大型駐車場向け電気自動車充電システム「スマート充電システム」
  • 安心・安全な情報通信社会の実現
  • お子さまの安心・安全な情報通信環境の実現への取り組み「ネットいじめ防止ツール」
  • 災害発生時、通信と放送、携帯電話同士の連携でお客さまの連絡手段を確保する「災害時キャリアフリー通信」
【情報元、参考リンク】
KDDI/プレスリリース
KDDI/「CEATEC JAPAN 2010」への出展について〈別紙〉
CEATEC JAPAN 2010公式サイト
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑