【せう先生のスマホ講座】第71回:実はあった! Android 7.1の新機能

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
GAPSISをご覧の皆さん、「せう」です。こんにちは。前回取り上げた「Google Assistant」(こちらの記事)ですが先日、日本語設定の端末の多くで一斉に有効になったようです。手持ちの日本語設定の端末でも使えるようになりました。良かった良かった(

<▲図:マイナーバージョンアップだと思ったんですけど……>

それはさておき、NTTドコモの「arrows SV F-03H」「arrows NX F-01J」にOSバージョンアップが配布されました。配布開始が遅れたせいか、より新しいバージョンである「Android 7.1」になりました。

Android 7.1は7.0のマイナーバージョンアップ(微修正)ですが、実は色々な新機能が追加されています。今回のスマホ講座では、それらを紹介します。

※この記事にあるAndroid 7.1の新機能は、機種によっては「無効化」あるいは「改変」されている場合があります。ご了承ください。


■アプリアイコン長押しでアクション(対応アプリのみ)

<▲図:対応アプリでアイコンを長押しするとアクションが表示される>

ホーム画面でアプリアイコンを長押しすることで、アクションを起こす機能が追加されました。

アプリの使いたい機能に一気にアクセスできるようになりました。アクションの右横に表示される二本線(上図参照)をドラッグすると、そのアクションをショートカットとしてホーム画面に配置することもできます。

なお、この機能はアプリ側にも対応が求められます。非対応アプリでは長押ししてもアクションが表示されません。


■画像や動画を自動削除する「スマートストレージ」

<▲図:内蔵ストレージが圧迫されると画像や動画を自動削除します>

写真を含む画像や動画は、知らず知らずのうちに内蔵ストレージを圧迫することがあります。そんな時はmicroSDカードやUSBストレージなどに逃がせばいいのですが、手動でバックアップするのは面倒なのも事実です。

そこで便利なのが「スマートストレージ」機能です。

この機能をオンにしておくと、内蔵ストレージの残り容量が少なくなると、すでに「Google Photos」にバックアップ済みの画像・動画を自動削除してくれます。本体からの自動削除は、バックアップから「30日」「60日」「90日」(標準設定)後のいずれかに設定可能です。

スマートストレージ機能は、標準設定ではオフなので、有効にしたい場合は「ストレージの管理」でオンにしてください。


■アプリの一括削除

<▲図:アプリの一括削除も対応>

従来、アプリの削除は1つ1つ行う必要がありましたが、Android 7.1からは「ストレージの管理」から複数アプリを一斉に削除できるようになりました。複数アプリを一気に削除したいときに便利です。


地味ですが、Android 7.1の主な変更点は利便性を向上するステキな変更です。搭載端末をお持ちの方は、ぜひ試してみてください!


記事執筆者プロフィール
せう
ブログ:せうの日記、Twitter:@shoinoue

静岡県三島市で産まれ、静岡県駿東郡長泉町で生まれ育ったアメリカ系日本人3世。見た目が日本人離れしている反動で、身の回りの道具は日本で開発されたものだらけである。ITmedia、andronaviを始めとするWeb媒体を中心に執筆活動を展開。自前のブログ「せうの日記」も宜しくお願いします。

「せう先生のスマホ講座」の他の記事はこちら
本コラムは毎月第1・第3日曜日更新予定!
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑