【実機レポート】大画面スマホながら持ちやすくルックスに優れた「Galaxy S8+ SC-03J」【ドコモ2017夏モデル】

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)から6月8日に発売となる今夏モデルのAndroidスマートフォン「Galaxy S8+ SO-03J」(サムスン電子製)の実機レポートをお届けしたい。同じく今夏モデルのGalaxy S8のレポート記事はこちらを参照してほしい。

<▲写真:Galaxy S8+>

ちなみに最初に書いておくと、Galaxy S8とGalaxy S8+はディスプレイサイズ以外はほとんど同じ。違うのはディスプレイのサイズ(※解像度は同じ)、バッテリー容量、LTEの通信速度だ。そのため、サイズで選んでしまって構わないと思う。速度だって、Galaxy S8+は受信時最大788Mbpsに対応するが、Galaxy S8だって受信時最大500Mbps対応なので十分速い。

<▲写真:左がS8+で右がS8>

<▲写真:左がS8+で右がS8。カメラや指紋認証センサーの位置がS8+は少しだけ上>

それにしても、今回、Galaxy S8/S8+の名前を最初に聞いた時には、「何それ?」と思った。

以前からのGalaxyファンなら0.02秒で気が付いたと思うが、サイドまでディスプレイが回りこみ、そのエッジ部のスクリーン「エッジスクリーン」が特徴となっていた「Edge」モデルがなくなってしまった。それでいて、S8もS8+も「Galaxy S7 edge」ほどではないもののエッジ部が曲面ディスプレイで、見た目はEdgeモデルの後継機種といった感じだ。名称からはEdgeモデルがなくなったが、実際には画面が完全フラットな無印モデルがなくなった、ということになる。少々混乱する。

<▲写真:S8もS8+もエッジ部は曲面ディスプレイ>

ともかく、今回のGalaxy Sシリーズは、S8と少しハイスペックのS8+の2つ。

冒頭で紹介したように、S8+のどこが違うのかというと、ディスプレイが6.2インチとなり、バッテリー容量が3,500mAhとなり、高速な通信規格に対応している。

Galaxy S8+のディスプレイは縦長で、ボディが極めて狭額縁なので、手に持った感じでは特に6.2インチという大きさを感じさせない。このディスプレイは有機ELなので発色、コントラストも良い感じだ。ちなみにサムスン電子はこのディスプレイを「インフィニティ・ディスプレイ」と呼んでいる。

そして、このボディは独特な外装でユニークだ。

<▲写真:6.2インチながら持ちやすい>

カラーバリエーションは2種類で、ミッドナイト・ブラックのボディはしっとりしていて、グリップが良い。そこはかとなく漆のような手触りだ。あまりに黒いので、インターフェースの場所なども目をこらさないとはっきりしない。これはまあ僕が老眼になってきたせいかもしれない。

<▲写真:カラーはミッドナイト・ブラックとアークティック・シルバーの2つ>

これに対して、アークティック・シルバーのボディの手触りはより一般的な印象だ。表面には鏡のように周囲の風景が映り込んで面白い。

<▲写真:ブラックモデルは吸い付くような手触りで、シルバーモデルの背面はまるで鏡のようだ。指紋がつくのが気になるが。>

個人的にはGalaxy S8よりもGalaxy S8+の方が欲しい。同じような携帯性で画面が大きいというのは良い。また、バッテリー容量も大きいので、長時間駆動が期待できる。通信も高速通信対応エリアであればより速い。ちなみにGalaxy S8のディスプレイのサイズは5.8インチだ。

いずにしても、持ちやすい大画面モデルというのは良い。この機種の最大のアドバンテージはそこだろう。

実際に店頭で手にとって貰えばわかると思うが、先ほども書いたように、6.2インチという気がしないくらいなのだ。もちろんGalaxy S8と比べると大きいが、縦横比が縦長で、額縁部分が狭いということで、ディスプレイサイズの割にコンパクトにできている。

また、前モデル同様にサムスン電子のVRゴーグル「Galaxy Gear VR」に対応し、VRコンテンツを楽しめるのもいい。しかも、Gear VR対応のVRコンテンツは徐々に増えている状況だ。

ちなみに、使い勝手の面では、指紋認証に関してはGalaxy S8よりも若干使いにくいかもしれない。今回のGalaxy S8/S8+から指紋認証センサーがホームボタンではなく背面に移動になってしまった。Galaxy S8+はGalaxy S8よりも大きい分、指紋認証センサーの位置が上の方にある。そのため、ちょっと指が届きにくい印象だ。

<▲写真:この機種の最大の武器は大画面。Android 7.0の新機能「マルチウィンドウ」も使いやすい>

なお、Galaxy S8の基本スペックは下記の通りだ。
  • OS:Android 7.0
  • ディスプレイ:6.2インチ Super AMOLED(解像度1440×2960ドット)
  • CPU:Qualcomm Snapdragon MSM8998 オクタコア
  • メモリ:4GB(RAM)
  • ストレージ:64GB(ROM)
  • 外部メモリ:最大256GBのmicroSDXCまで
  • バッテリー容量:3,500mAh
  • 防水・防塵:IPX5/8、IP6X
  • Bluetooth:5.0
  • メインカメラ:1,220万画素、レンズのF値1.7
  • インカメラ:800万画素、レンズのF値1.7
  • ワンセグ・フルセグ:両方対応
  • 生体認証:指紋認証、虹彩認証、顔認証
  • ハイレゾ:対応
  • HDR動画再生:対応
  • ボディサイズ:160×73×8.1mm
  • 重さ:173g

(記事:一条真人

【情報元、参考リンク】
ドコモオンラインショップ/Galaxy S8+ SC-03J製品ページ
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑