ファイナルファンタジーXIIIがChromecastでプレイ可能に!Android、iOSにも対応したクラウドゲームとして1400円で配信開始

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
クラウドゲーム技術のUbitus Inc.(以下、ユビタス)は20日、スクウェア・エニックスのRPG「ファイナルファンタジーXIII Google Cast Edition」(以下、FFXIII)の配信を開始したと発表した。このエディションは、Android及びiOSを搭載したスマートフォン、タブレットに加え、「Chromecast」に対応したクラウドゲームだ。

<▲図:プレイイメージ>

FFXIIIのクラウドゲームバージョンはクラウドゲームサービス「Gクラスタ」でも提供中だが、今回ユビタスがリリースしたものはChromecastでもプレイできる点が大きな特徴となる。

Chromecastを所有している方は、FFXIIIを手軽にテレビでプレイできるわけだ。しかも、配信開始後1ヶ月間はキャンペーン価格として1,400円(通常価格は2,000円)で購入できる。

今回リリースされたものはクラウドゲームなので、ネットに接続した状態でプレイする。ゲームプログラムはサーバー上で動き、ユーザーの端末(スマートフォンやChromecastなど)には映像がストリーミングで配信され、ユーザーの操作もネット経由でサーバーに送信される。ネット経由ではあるものの、クラウドゲームは意外と問題なくプレイできるもので、GクラスタもRPGなどであれば問題ないので、おそらく今回のユビタスのバージョンも大丈夫だろう。

Chromecastを使う場合、スマートフォンやタブレットをコントローラーとして使ってもいいし、別売りのゲームコントローラーを使ってもいい。

アプリは下記のリンク先からダウンロードできる。




【情報元、参考リンク】
ユビタス/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑