ドコモ、災害時対策として青函トンネル 旧竜飛海底駅、旧吉岡海底駅で2月19日より携帯電話サービスを提供へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)は12日、北海道旅客鉄道の協力を得て、青函トンネル内での災害時における連絡手段の一つとして利用できるよう、旧竜飛海底駅(竜飛定点)及び旧吉岡海底駅(吉岡定点)内のホーム、避難所、斜坑(ケーブルカー運行区画)において19日より携帯電話サービスの提供を開始すると発表した。

提供されるのはFOMA/Xi(LTE)による音声通話及びパケット通信サービス。

注意したいのは、今回のエリア整備は車両の緊急停車時等を対象としたもので、通常運行時を対象としたものではないこと。

エリア化によって、緊急時に車両が停車する吉岡と竜飛のホームと避難所及び避難用ケーブルカーの運行区画において携帯電話の通話、パケット通信が可能になるので、災害時における乗客の安否確認の連絡等、災害対策の一助になると考えているとのこと。

【情報元、参考リンク】
NTTドコモ/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(一般アプリ編)
(2016年5月20日集計分)
今なら「ダイの大冒険」130話分を無料で読めます。集英社の漫画雑誌アプリ。オリジナル連載作や過去・現在の作品を読むことができます。
2位:AbemaTV
新動画サービス。24時間放送のニュース番組、多数のアニメ作品、ドラマ、スポーツなど、無料で多くの番組を視聴可能。
3位:Dr.Booster
ウイルスバスターのトレンドマイクロ製の無料アプリで、メモリ開放、不要データ削除、スマホの動作快適化機能、ウイルスチェック機能を利用できます。
広告を5秒間表示するだけで「楽天スーパーポイント」が貰える楽天純正アプリ。手軽にポイント入手できるのでオススメです。
「週刊少年マガジン」の公式アプリ。6週前から3週前までの3号分を無料で読めます(*現時点では)。3週遅れでも無料でマガジンを読めるのが嬉しいです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑