ドコモ、災害時対策として青函トンネル 旧竜飛海底駅、旧吉岡海底駅で2月19日より携帯電話サービスを提供へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)は12日、北海道旅客鉄道の協力を得て、青函トンネル内での災害時における連絡手段の一つとして利用できるよう、旧竜飛海底駅(竜飛定点)及び旧吉岡海底駅(吉岡定点)内のホーム、避難所、斜坑(ケーブルカー運行区画)において19日より携帯電話サービスの提供を開始すると発表した。

提供されるのはFOMA/Xi(LTE)による音声通話及びパケット通信サービス。

注意したいのは、今回のエリア整備は車両の緊急停車時等を対象としたもので、通常運行時を対象としたものではないこと。

エリア化によって、緊急時に車両が停車する吉岡と竜飛のホームと避難所及び避難用ケーブルカーの運行区画において携帯電話の通話、パケット通信が可能になるので、災害時における乗客の安否確認の連絡等、災害対策の一助になると考えているとのこと。

【情報元、参考リンク】
NTTドコモ/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑