マーベルヒーロー達の対戦格闘「Marvelオールスターバトル」。アベンジャーズ、X-MEN、スパイダーマンらが共演

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
Marvel(以下、マーベル)のスーパーヒーロー達が登場するスマートフォン向けの対戦格闘ゲームアプリ「Marvelオールスターバトル」(グローバルでのタイトルは「Marvel Contest of Champions」)が依然としてユーザー数を伸ばしている。

<図:なぜかグルートが中央の目立つポジションに。ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーでの活躍ぶりを見れば当然かもしれない>


「Marvelオールスターバトル」は箱庭シミュレーション「Kingdom of Camelot」のメガヒットで知られる米Kabamの作品で、「Marvelオールスターバトル」もグローバルではAndroid版だけでも1,000万以上のダウンロード数を記録するヒット作となっている。

Kabamは日本でお馴染みの「基本プレイ無料のアイテム課金制」のゲームを多く手がけるメーカーで、「Marvelオールスターバトル」も基本プレイは無料で楽しめる。

<図:対戦格闘ゲームで、グラフィックはかなり綺麗だ>

「Marvelオールスターバトル」にはいくつかのゲームモードがあるが、戦闘は対戦格闘だ。コンシューマーゲーム機のようなコントローラーはないので、工夫した操作スタイルを導入している。横画面での戦闘なので、左右フリックでの横移動、タップや右フリック、長押しでの攻撃だ。必殺技も使える。

<図:操作システムは分りやすい。最初にチュートリアルで教えてくれる>


意外と操作性は悪くなく、防御やステップ移動も可能で、キチンとした対戦格闘が可能だ。



登場するヒーローは映画「アベンジャーズ」シリーズでもお馴染みのアイアンマン、ブラック・ウィドウ、ハルク、ビジョンらの他、「X-MEN」シリーズでお馴染みのウルヴァリン、サイクロプス、ストームら、そして「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のスター・ロード、ガモーラ、グルートら、そしてスパイダーマンら数多い。

ゲームモードはストーリーを追いつつクエストを進める「ストーリークエスト」のほか、「イベントクエスト」「ガチバトル」「アイライアンスモード」がある。

<図:モードはいくつか用意されている>


「ガチバトル」モードは要するにオンライン対戦モードで、他のプレイヤーと戦うことができる。すぐに1対1対戦ができる「クイックマッチ」のほか、3対3モードも用意されている。

<図:クイックマッチではすぐに対戦できる>


プレイヤーの腕だけで勝負ができないのも特徴の一つで、各ヒーローはステータスを強化していくことができる。そのため、例えば同じアイアンマンでもティア(レア度)、レベルによって強さが異なる。★の多いヒーローの方が強いし、レベルを上げた方が強い。そのため、やはりできるだけ強化していくべきだ。

<図:ヒーローは星、レベルによって強さが段違い>


各ヒーローのデザインは、やはり映画「アベンジャーズ」シリーズに代表される「マーベル・シネマティック・ユニバース」のファンにも馴染みを持たれるものとなっている。もちろんコミックのデザインに近いヒーローもいるが、あまりアメコミに慣れない日本人でも特に毛嫌いしそうな極端なデザインではないので大丈夫だろう。

グラフィックの質は非常に高く、コンシューマー機並みだ。

アプリは下記のリンク先からダウンロードできる。Android版はAndroid 4.0以降、iOS版はiOS 7.0以降を対象としている。



【情報元、参考リンク】
Kabam公式サイト

©MARVEL.
週間Android人気アプリランキング(一般アプリ編)
(2016年5月20日集計分)
今なら「ダイの大冒険」130話分を無料で読めます。集英社の漫画雑誌アプリ。オリジナル連載作や過去・現在の作品を読むことができます。
2位:AbemaTV
新動画サービス。24時間放送のニュース番組、多数のアニメ作品、ドラマ、スポーツなど、無料で多くの番組を視聴可能。
3位:Dr.Booster
ウイルスバスターのトレンドマイクロ製の無料アプリで、メモリ開放、不要データ削除、スマホの動作快適化機能、ウイルスチェック機能を利用できます。
広告を5秒間表示するだけで「楽天スーパーポイント」が貰える楽天純正アプリ。手軽にポイント入手できるのでオススメです。
「週刊少年マガジン」の公式アプリ。6週前から3週前までの3号分を無料で読めます(*現時点では)。3週遅れでも無料でマガジンを読めるのが嬉しいです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑