ドコモ以外でも利用できる160誌以上読み放題のdマガジンがPC対応!Andriod、iOS、PCで雑誌を読める

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)が提供中の雑誌読み放題サービス「dマガジン」(月額400円)がスマートフォン、タブレットに加えてPCブラウザでの閲覧に対応した。8日よりWindows及びMacにおけるウェブブラウザでの閲覧が可能となっている。

<図:「dマガジン」の雑誌配信数は160誌以上>

推奨ブラウザはChrome 45以上、Firefox 42以上、IE 11.0以上、Safari 8.0以上だ。「dアカウント」(旧「docomo ID」)でログインすればスマートフォン等と同様に利用可能だ。

dマガジンはドコモの回線契約がない方でも利用できるサービスで、月額400円(税抜)で160以上の雑誌が読み放題なので、実は結構オススメのサービスだ。Androidスマートフォン・タブレット、iPhone/iPadなどで利用可能だったが、新たにPCブラウザでも利用できるようになったので、家ではPCかタブレット、外出時はスマートフォンというような使い分けが可能となり、便利になった。

ドコモの携帯電話のユーザーではない方がdマガジンを利用する場合は、まず最初に「dアカウント」を取得する。dアカウントの取得費用・会費は無料だ。あとはdマガジンの利用登録をすればいい。初回は31日間無料なので、気軽に始められる。

フィーチャーフォン時代と比べ、今はドコモの一部のコンテンツサービスはお世辞抜きで結構便利で、特に動画配信サービスの「dビデオ」と雑誌サービスの「dマガジン」は良い。

dマガジンでは、配信リストの中に一誌でも定期的に購読している雑誌がある場合には紙の雑誌を買うよりも安くなってしまう。よく知られた有力タイトルの多くが配信されているのでチェックしてみよう。

<図:「あさが来た」で人気沸騰のディーン・フジオカの記事も読める>

PCブラウザでの閲覧も操作は簡単で、クリックでページをめくっていける。上図はPCブラウザで閲覧したところだ。記事本文には編集上モザイクを入れているが、実際にはちゃんと読める。

配信雑誌の一例は下記の通り。

週刊文春*/週刊新潮*/週刊現代/週刊ポスト/FRIDAY/FLASH/SPA!/週プレ/週刊ダイヤモンド/女性セブン/女性自身/週刊女性/anan*/AneCan/andGIRL*/BAILA/VERY*/STORY*/GINGER*/with*/vivi/non-no/美的/オレンジページ*/ESSE/サンキュ!*/ 週刊アスキー*/日経トレンディ/Getnavi/Number*/週刊ゴルフダイジェスト/ベストカー*/Tarzan*/Begin/LEON*/MEN'S NON-NO/週刊ファミ通/おとなの週末/東京ウォーカー/ディズニーファン

*紙媒体の誌面とは一部異なる場合あり。

【情報元、参考リンク】
dマガジン公式サイト
Google Play/dマガジン
週間Android人気アプリランキング(一般アプリ編)
(2016年5月20日集計分)
今なら「ダイの大冒険」130話分を無料で読めます。集英社の漫画雑誌アプリ。オリジナル連載作や過去・現在の作品を読むことができます。
2位:AbemaTV
新動画サービス。24時間放送のニュース番組、多数のアニメ作品、ドラマ、スポーツなど、無料で多くの番組を視聴可能。
3位:Dr.Booster
ウイルスバスターのトレンドマイクロ製の無料アプリで、メモリ開放、不要データ削除、スマホの動作快適化機能、ウイルスチェック機能を利用できます。
広告を5秒間表示するだけで「楽天スーパーポイント」が貰える楽天純正アプリ。手軽にポイント入手できるのでオススメです。
「週刊少年マガジン」の公式アプリ。6週前から3週前までの3号分を無料で読めます(*現時点では)。3週遅れでも無料でマガジンを読めるのが嬉しいです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑