【取材レポート】ソフトバンクのスマホユーザーがお得になる「ソフトバンクでんき」とは?

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソフトバンクは12日、ソフトバンク携帯電話または「ソフトバンク光」などの固定通信サービスの利用者がおトクになる電力サービス「ソフトバンクでんき」を4月1日より提供開始することを発表した。受付は1月28日からで、ソフトバンク携帯電話取扱店およびソフトバンクでんきの特設サイトで開始する。

ソフトバンクでんきサービスを4月1日より提供開始

同日、ソフトバンクは都内で「ソフトバンク 新サービスに関する記者発表会」を開催し、この件を明らかにした。ソフトバンクでんきについてのプレゼンは、ソフトバンクの代表取締役兼CEOの宮内謙氏が登壇して行った。

すでにTVCMなどがスタートしているソフトバンクでんき

まずはスマートフォンとセットでおトクとなるソフトバンク光が、2015年のスタートから同年12月時点で122万契約となったことが報告され、2016年4月から自由化される電力においても、ソフトバンクは家計のサポートをしていく方針だという。

ソフトバンクが打ち出した家計のサポート「おうち割」は、携帯電話やインターネット、電気など、「おうち」に関する様々なサービスをまとめて契約することでおトクになるサービス。まず第1弾として、電力サービスと合わせて契約するとおトクになる「おうち割 でんきセット」と、これまで提供されてきた「スマート値引き」が「おうち割 光セット」に名称変更されて提供される。

「おうち割 でんきセット」の内容

「おうち割 でんきセット」は、ソフトバンク携帯電話または固定通信サービスの利用料金が毎月最大300円割引となる。「おうち割 光セット」はこれまで通り最大2,000円/月の割引で、この二つのサービスを併用することで最大2,300円/月の割引となる。

ソフトバンクでんきは東京電力が提供する「あんしん・あんぜん」にプラスして「おとく」に電力を供給するサービスであると宮内氏は語った。

東京電力が発表した新料金プラン「スタンダード(S/L/X)」、「プレミアムプラン」にソフトバンクオリジナルプラン「バリュープラン」を追加した3種類のプランを東京電力エリア、中部電力エリア、関西電力エリアからサービスを提供開始し、順次全国へ拡大していく。

バリュープランは、3~4人家族で月々の電気料金が8,000~16,000円を対象としたもので、電力量料金が300kWhまで「定額」のプラン。300kWhを超えると通常契約よりも割安になる単価設定で、使用量が多い場合おトクになる。一方で電力使用量が300kWh以下の場合は、下回った5kWhごとに「Tポイント」50ポイントまたはデータ量0.15GBが還元され、最大ではTポイント1,000ポイントまたは3GBのデータ量となる。

バリュープランでは8,000円(300kWh)を超えた当月使用量が割安となる。定額使用量以下の場合は還元がある

東京電力エリアでの1ヶ月の平均電気使用量が392kWhのモデルケースを試算した場合、電気料金が月々500円安くなり、年間約8,920円(内訳:電気料金6,000円、おうち割2,400円、Tポイント付与520円相当)のおトク。「おうち割 光セット」を併用すると年間約80,920円相当のおトクになると解説された。また、サービス内容の違いから、中部電力エリア、関西電力エリアはさらにおトクになる。

まとめることで電気代と通信費が安くなる。また、電力提供エリアによってさらに安くなる

さらにおうち割のサービスは割引だけではなく「水のトラブル」「カギのトラブル」「ガラスのトラブル」の発生時に出張料・作業料無料でかけつける「おうちレスキュー」も含まれる(※作業により部品代・特殊作業代・延長料金などが発生する場合がある)。

バリュープランよりも電気使用量が少ない、もしくは多い家庭の場合は、スタンダードプラン、プレミアムプランの契約でおトクになるケースがあるものの、試算してみるまで分かりづらい面があるため、申し込み受付開始からソフトバンク携帯電話取扱店に電気料金の検針票を持参して最適なプランを相談できるようにし、さらにWebサイトでも試算できるページを開設すると発表された。

ソフトバンクショップで料金シミュレーションを行うことができる

一人暮らしで電気をあまり使わないケースではうま味がないが、使用量が下回った場合に還元されるものにデータ量が選べるというソフトバンクらしい特色を打ち出して来たところがユニークだ。一方ででんきや光などが紐付けされている場合のソフトバンク携帯電話の解約・転出がやや面倒になるというデメリットもあり、長期的に見た場合にどの組みあわせの契約(キャリア契約・MVNO契約)がおトクなのかを見極めることが大事だ。

(記事:mi2_303

【情報元、参考リンク】
ソフトバンクでんき特設サイト
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑