【取材レポート】価格を抑えた10.1インチ大画面タブレット「Qua tab 02」【au2016春モデル】

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
KDDIは12日、都内でauの新商品発表会を開催し、au オリジナルブランド「Qua(キュア)」シリーズのAndroidタブレット第2弾「Qua tab 02」(ファーウェイ製)を2月中旬に発売することを発表した。

Qua tab 02

Qua tab 02は、京セラ製の2015年夏モデル「Qua tab 01」をそのまま10.1インチにした兄弟機といえるモデルで、大画面をいかした動画視聴や独自のサラウンド技術を特徴としている。

本体カラーに合わせてベゼルの色が違う

デザインはラウンドフォルムのシンプルなもの。価格は一括払いで37,800円(税込)で、36回分割払いで実質21,600円、月々600円となる。

発色が綺麗なIPS液晶

10.1インチのディスプレイはWUXGA(1920×1200ドット)解像度で、広い視野角のIPS液晶を採用している。発色を鮮やかにする「Color Plus」や、ブルーライトをカットして文字を読みやすくする「Eye Care」、周囲の明るさに合わせて表示を調整する「Sun View」などの機能を持つ。

Qua tab 02の背面

ボディーカラーは「チャコールブラック」、「パウダーホワイト」、「エアリーブルー」の3色。背面は樹脂製で重さ約486gに抑えている。

音の広がりが楽しめるSWS 2.0を搭載

本体左右のステレオスピーカーで動画や音楽を楽しめるほか、ホームシアターのような臨場感が楽しめる「SWS 2.0(Super Wide Sound)」で音を立体的に再現する。展示会場のデモでは、SWS 2.0の「オン」「オフ」で音を聞き比べることができた。SWS 2.0がオンの場合は、音が広がると言うよりもそれぞれの音の定位が際立ち、目の前でなっているように感じられた。

Qua phone KYV37をQua tab 02からリモート操作できる

「au シェアリンク」でQuaシリーズのスマートフォン「Qua phone KYV37」の画面をQua tab 02に表示するデモが行われていた。スマートフォンに届いたLINEの通知の確認や返信をQua tab 02で行うこともできる。

右側面(写真=上)、左側面(写真=下)

右側面(写真=上)にはmicroUSB端子、マイク、スピーカーがある。左側面(写真=下)にはスピーカー、イヤフォンマイク端子がある。

上面

上面には電源キー、ボリュームキー、SIMカード・microSDカードスロットがある。厚さ約8.6mmで家での利用だけではなく、持ち出しの際にも取り扱い易いと感じた。

キーボード付きのカバー

専用ではないが、Bluetoothキーボードとカバーがセットになった製品の展示があった。タッチパッドがついたキーボードは取り外し可能でデスクトップPCのような感覚での使用が可能だ。キーボードはAndroid以外にiOSデバイス及びWindows PCでも利用できる。

持ち歩きに最適な専用カバー

こちらはボディーカラーに合わせて用意されているブック型ケース。動画視聴に最適なスタンドとしての利用ができて便利だ。

Qua tab 02は、「au ビデオパス」や「au ブックパス」などのコンテンツと相性が良く、スマートフォンだけでは楽しめない分野をうまく補完できる2台目として最適だ。Qua tab 01にあった防水機能がない点が残念。

(記事:mi2_303

【情報元、参考リンク】
au Online Shop
au/Qua tab 02製品ページ
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑