ドラクエ新作「星のドラゴンクエスト」が質の高いRPGで面白い!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
冬休みゲーム特集」として様々なゲームアプリを紹介しているが、今回はスクウェア・エニックスのRPG「星のドラゴンクエスト」だ。ちょうどポケモンのゲーム「ポケとる」(こちらの記事参照)にはまっている筆者だが、「星のドラゴンクエスト」もかなり良く出来ている。というか、まだ序盤ながら相当面白い。実際スマートフォン向けのドラクエタイトルの中では筆者の好みとしては一番面白く感じている。そして、もっと進めると新たに遊べるようになる要素も出てくるので、さらにはまってしまいそうで怖い。

星のドラゴンクエスト


「星のドラゴンクエスト」は昨年10月にリリースされたばかりの新作で、スマートフォン向けに新規開発されたタイトルだ。スマートフォンを縦に持ってプレイするスタイルなので、片手操作で十分できる。電車の中などでも余裕だ。

縦画面スタイルのゲームというと、グラフィックの質が心配になるが、「星のドラゴンクエスト」はグラフィックのレベルも高い。それは最初のキャラクターメイキングの画面からもすぐに分かると思う。

最初のカスタマイズパーツは少ないが、ゲーム内で髪型などを入手できる。


「星のドラゴンクエスト」では最初に自分の分身となる主人公キャラクターをメイキングする。性別、髪型、髪の色、顔のタイプ、目の色、肌の色を選べる。便利なのは後からでも全て変更できること。しかも性別ですら後から変えられるので、最初は適当でも構わない。

ゲーム中に手に入る様々な装備もしっかりとグラフィックに反映されるので、装備によっても見た目はガラッと変わる。

記事冒頭の画像とサンドやアクアの髪型が違うことがわかると思う。これは装備として入手した。



「星のドラゴンクエスト」は「RPG」とは名ばかりの多くのゲームとは違い、かなり「RPG」している点も特徴の一つだ。ドラゴンクエストのナンバリングタイトルのように十字キーを使って自由にキャラクターを動かしてマップを移動するスタイルではないが、適度なRPG感と手軽さ、そして独自性をうまくマッチさせたシステムを採用している。

ワールドマップは「Google Earth」のように星型で、星全体を見渡すことが可能となっている。拡大縮小も回転も自由自在なので、星をクルクル回すだけでも気持ちいい。

マップは自由に拡大縮小回転できる。


街やダンジョンへの移動は目的地をタップするだけで、自動的に移動してくれるが、その途中にはモンスターがいて、戦闘シーンが入る。戦闘シーンも基本的には自動だが、「スキル」(呪文や特技)を使ったり、防御をしたり、攻撃する敵を選択したり、といった操作は適宜プレイヤーが行うことができる。序盤はいいが、徐々に敵が強くなってくると、ホイミで回復させたり、適切なタイミングで攻撃魔法を使ったりと、プレイヤーが対応しなければならない場面も出てくる。

左が移動時のシーン、右が戦闘シーン。右下にある早送りボタンを押すとスピードアップできる。


実際にプレイすると分かるが、移動も戦闘もバランス良くできている。

さらに、ダンジョンへの移動や戦闘シーンは早送りすることもできるので(早送り中も操作可能)慣れると時間短縮ができる。

ナンバリングタイトルと違い、キャラクターのステータスに「MP」(マジックポイント)はなく、魔法は特技などと同じく「スキル」という扱いで使うことになる。スキルは戦闘中にゲージが溜まると使うことができる。

また、筆者はまだたどり着いていないが、「ダーマ神殿」まで進むと「転職」と「マルチプレイ」が可能になるという。筆者のキャラクターはまだ「みならい冒険者」だが、ダーマ神殿では「戦士」や「魔法使い」「僧侶」「武闘家」など、おなじみの職業に転職することができるようだ。

そして、早くプレイしたいのがマルチプレイだが、ネットワークを介して最大4人パーティでの協力プレイが可能となっている。強大な敵を他のプレイヤーと共に挑む戦いに出陣できるようなので楽しみだ。

あまりに複雑なシステムだと最初のチュートリアルの段階で投げたくなるが、「星のドラゴンクエスト」はそれほど複雑ではなく、チュートリアルも適度な内容なので入りやすい。かといって奥深さがない、というわけではなく、装備の強化や進化といった要素もある。しかし、プレイヤーに一気に情報を詰め込もうとはしていないので、取っつきやすいと思う。

そして、一応ちゃんとストーリーがあるのが嬉しい。スマートフォン向けの「◯◯RPG」系のゲームの場合、RPGとは名ばかりで、クエストに挑戦し、手持ちのキャラクターを強化していくだけ、というものも多いが、「星のドラゴンクエスト」にはちゃんとシナリオがある。また、サブクエストもあるので、長時間遊べそうな印象だ。

船での移動もある。また、シナリオもちゃんとあるのが嬉しい。


基本プレイ無料、アイテム課金あり、という料金体系だが、今の所は序盤ということもあり課金はしていないが、課金しなくても全然遊べそうだ。また、会員登録なども不要なので、ダウンロード/インストール後、すぐにプレイできる。

モンハンの食事のように食べ物を持っていくとそのステージのみステータスアップなど
の効果が得られる。また、現在は新春キャンペーンなども行われている。

ただ、注意したいのはゲームデータのサイズ。アプリ自体はサイズが小さいので、下のリンクから気軽にダウンロード/インストールして構わないが、アプリの初回起動後に約391MBのデータをダウンロードするので、その時はWi-Fi環境下で行いたい。ユーザーの意思を無視して勝手にダウンロードが始まることはなく、ちゃんと注意書きが表示された上、「次へ」を押さないと進まないので、その点は安心だ。

このまま飽きずにしばらくプレイしたらプレイレポートも公開したいと思う。

アプリは下記のダウンロードリンクから入手できる。




*「星のドラゴンクエスト」関連記事は特集としてリストにまとめています
「星のドラゴンクエスト」特集ページ


© 2015 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
© SUGIYAMA KOBO



【情報元、参考リンク】
「星のドラゴンクエスト」公式サイト
Google Play/「星のドラゴンクエスト」
App Store/「星のドラゴンクエスト」
週間Android人気アプリランキング(一般アプリ編)
(2016年5月20日集計分)
今なら「ダイの大冒険」130話分を無料で読めます。集英社の漫画雑誌アプリ。オリジナル連載作や過去・現在の作品を読むことができます。
2位:AbemaTV
新動画サービス。24時間放送のニュース番組、多数のアニメ作品、ドラマ、スポーツなど、無料で多くの番組を視聴可能。
3位:Dr.Booster
ウイルスバスターのトレンドマイクロ製の無料アプリで、メモリ開放、不要データ削除、スマホの動作快適化機能、ウイルスチェック機能を利用できます。
広告を5秒間表示するだけで「楽天スーパーポイント」が貰える楽天純正アプリ。手軽にポイント入手できるのでオススメです。
「週刊少年マガジン」の公式アプリ。6週前から3週前までの3号分を無料で読めます(*現時点では)。3週遅れでも無料でマガジンを読めるのが嬉しいです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑