スマホ向け放送NOTTV(ノッティーヴィー)が終了へ。使用電波も返納へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)は27日、グループ会社であるmmbiが2012年4月からサービスの提供を開始した、スマートフォン向け放送サービス「NOTTV(ノッティーヴィー)」の提供を2016年6月30日をもって終了すると発表した。

サービスの提供終了に先立ち、新規申込受付が終了となる。

また、NOTTVの既存ユーザーについては、「dTV」など他のサービスをお得に利用できるような施策を準備中だという。詳細が決まり次第、それらについては改めて案内される予定。

NOTTVはドコモのスマートフォンにとっては他社にはない特徴的サービスの一つではあったが、Android端末だけしか対応していないことや、そのAndroid端末でも全ての機種で利用できるわけではなかったこと、そして、いちいちアンテナを立てなければ視聴できないこと、基本的には番組表に従っての視聴になること、コンテンツが少ないことなど様々な理由があったと思うが、会員数が伸び悩んでいた。最も多かったときで約175万契約(2015年3月末)ということだが、そもそも2016年3月末までの目標が600万契約だったため、順調な伸びをしてきたとは言えない。

とはいえ、よくよく考えると、今年の4月からはBS/CS放送のチャンネルが追加され、野球やF1中継、フジテレビのドラマやアニメ、時代劇シリーズ、海外ドラマ、Jリーグ、海外サッカーなど、様々な番組を視聴できる環境は整ってきていた。しかし、それらについても他に大体視聴手段があるので、飛躍のキッカケとも行かなかったようだ。

一方、エイベックス・デジタルが「dマーケット」で運営する動画配信サービス「dTV」の会員数は他社の定額制動画配信サービスを上回る500万規模となっている。さらに、コンテンツ数も他のサービスと比べて見劣りしないレベルどころか、演劇や舞台作品、落語、カラオケなど他にないジャンルも追加するなど充実化している。

NOTTVが終了することで、ドコモがユーザー向けに提案する動画配信サービスはdTV一本に集中することになるはずで、今後、dTVがどこまで伸びるのかにも注目したいところ。

なお、NOTTVのサービス提供終了によって、利用していた電波は返納される予定だ。

【情報元、参考リンク】
NTTドコモ/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑