【市場調査】2015年4月-9月の国内のタブレット出荷台数は446万台。Androidが47.5%、iOSが37.9%、Windowsが14.6%

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
MM総研は19日、2015年度上期(4月-9月)の国内タブレット端末出荷概況を発表した。ここで言う出荷台数にはモバイルデータ通信には非対応のWi-Fiタブレットと、モバイルデータ通信に対応したセルラータブレット(通信キャリアモデルだけでなくSIMフリーも含む)が含まれている。

出典:(株) MM総研 [ 東京・港 ]

上期の総出荷台数は前年同期比8.0%増の446万台となり、依然としてタブレット市場が拡大していることが分かる。

セルラータブレットについてはNTTドコモの販売ルートがAndroid勢、iPadシリーズともに好調で、Wi-Fiタブレットについては減少傾向となっている。これはスマートフォンの大画面化が進む中で、7-8インチの低価格Wi-Fiタブレットの需要が減少したためと分析されている。

実際に最近のスマートフォンは6インチのディスプレイを搭載するものも増えてきており、タブレットとの線引きが難しくなってきている。以前は「ファブレット」と呼んできた製品までスマートフォンに含まれる状況になっており、スマートフォンが扱う画面サイズの幅が広がっている。

また、今回の調査にはWindowsタブレットも含まれているが、OS別に見た場合、最も出荷台数が多かったのはAndroidで47.5%、次いでiOSの37.9%、そしてWindowsの14.6%だ。Android勢はメーカー数、機種の種類も多いので一つのシリーズだけで37.9%を獲得するiPadはやはり強いものの、OSシェアではAndroidがトップとなっている。また、WindowsもSurfaceシリーズが好調でメーカー別シェアで全体の5位にMicrosoftがつけている。

メーカー別出荷台数シェアはトップがApple、2位に富士通、3位にASUS、4位にソニー、5位にMicrosoft、6位にHuaweiの順で、2位から6位には大きな差はなく、団子状態となっている。

2015年度通気での予測は980万台で、1,000万台をこえるのは2016年度になるものと予想されている。

出典:(株) MM総研 [ 東京・港 ]

【情報元、参考リンク】
MM総研/2015年度上期国内タブレット端末出荷概況
週間Android人気アプリランキング(一般アプリ編)
(2016年5月20日集計分)
今なら「ダイの大冒険」130話分を無料で読めます。集英社の漫画雑誌アプリ。オリジナル連載作や過去・現在の作品を読むことができます。
2位:AbemaTV
新動画サービス。24時間放送のニュース番組、多数のアニメ作品、ドラマ、スポーツなど、無料で多くの番組を視聴可能。
3位:Dr.Booster
ウイルスバスターのトレンドマイクロ製の無料アプリで、メモリ開放、不要データ削除、スマホの動作快適化機能、ウイルスチェック機能を利用できます。
広告を5秒間表示するだけで「楽天スーパーポイント」が貰える楽天純正アプリ。手軽にポイント入手できるのでオススメです。
「週刊少年マガジン」の公式アプリ。6週前から3週前までの3号分を無料で読めます(*現時点では)。3週遅れでも無料でマガジンを読めるのが嬉しいです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑