データ通信量節約アプリ「Opera Max」がYouTube、Netflixに対応。動画再生時のデータ量を50%以上節約。アップデート記念でZenFone2が当たるキャンペーンも実施

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
Opera Software(以下、Opera)は19日、データ通信量節約アプリ「Opera Max」の最新バージョン1.2を18日にリリースしたと発表した。Opera Max 1.2ではYouTube、そして日本でも9月からサービスの提供が始まるNetflixに対応した。

画面イメージ

Opera Maxは各種アプリでのデータ通信量を節約できるので、3G/LTEによるモバイルデータ通信量を少しでも抑えたい、という方にはオススメのアプリ。

そのOpera Maxが今回、YouTubeとNetflixにも対応したことで、動画を視聴する機会が多い方には嬉しいバージョンアップとなる。YouTubeやNetflixなど、暗号化通信されている動画データは原理的に圧縮が不可能だが、トラフィック・ページングという技術を応用することで、画質の低下を最小限にとどめ、ユーザー側でのデータ使用量を半分程度に抑えることができるという。

また、ストリームの過剰な先取りを制限することもデータ量節約に貢献しているとのことだ。

結果、Opera Max 1.2では動画の画質を大きく損なうことなく、YouTubeとNetflixのデータ通信量を50%以上節約できるようになっている。

なお、同社はOpera Maxのアップデートを記念し、日本のユーザーを対象としたキャンペーンを実施している。賞品はASUS ZenFone 2のメモリ4GB、ストレージ32GBモデルで、レッド、ゴールド、グレー各1色ずつ計3台を用意している。応募期限は9月1日午前9時まで。アプリのダウンロードやOperaのYouTubeチャンネル購読など、いくつか条件はあるものの、特に時間はかからないので、ゲットしたい方は応募してみよう。

抽選でZenFone 2が貰える!

【情報元、参考リンク】
Google Play/Opera Max
Opera Maxアップデート記念キャンペーンについて
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑