シャープ、タッチセンサー機能を液晶ディスプレイに内蔵したインセル型液晶ディスプレイを本格的に量産開始

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
シャープは6月よりスマートフォン向けのインセル型液晶タッチディスプレイの量産を本格的に開始した。

すでにインセル型の液晶ディスプレイを搭載したスマートフォンは世に出ているが、一般的なスマートフォン向け液晶タッチディスプレイは、液晶ディスプレイの上にタッチセンサー部を取り付けて一体化したものが多い。

インセル型の場合は、タッチセンサー部の機能が液晶ディスプレイに内蔵されるため、ディスプレイ全体を軽量化、薄型化することが可能になる。薄型化は単にハードウェア設計上有利なだけでなく、ユーザー目線で見ても、画面の表示面とディスプレイの表面との距離を短くできるため、とても見やすく、追随感を感じやすく操作しやすいものにできるメリットがある。

今回シャープが量産を開始したインセル型液晶タッチディスプレイは、LTPS(低温ポリシリコン、Low-temperature Poly Siliconの略)技術を採用する三重第3工場で生産する。タッチセンサー部の回路と液晶ディスプレイを駆動する回路の両方を液晶ディスプレイ内に搭載することで、インセル化を実現している。

今後に関しては、亀山第2工場での生産も検討されていて、実現すれば画面サイズや解像度、狭額縁化など、様々なニーズに最適な対応を可能とするとともに、安定した供給体制の構築ができるようだ。

さらに、シャープはIGZO技術の優位性を活かし、タブレットやノートPCへの搭載を想定した中型サイズのインセル型液晶ディスプレイも開発中だ。

【情報元、参考リンク】
シャープ/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑