沢尻エリカのCMでお馴染み、ニフティの格安スマホ「NifMo」が料金据え置きでデータ量アップ。ZenFone 5の1万円キャッシュバックも実施中

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ニフティはNTTドコモ(以下、ドコモ)の回線網を使って提供中の格安スマートフォン/格安SIM通信サービス「NifMo(ニフモ)」において、4月より各データ通信プランで高速通信ができるデータ通信量を増量した。ニフモのプランは3つで、従来は「2GBプラン」「4GBプラン」「7GBプラン」だったが、4月からはそれぞれ1GB、1GB、3GB増量されることになった。もちろん月額料金は据え置きのまま。

各プランの月間の高速通信データ量が増量された

ニフモのプラン構成は、速度制限なく高速で使えるデータ通信量ごとに用意されていて、4月以降は前述の通り増量されたので、「3GBプラン」(月額900円)、「5GBプラン」(月額1,600円)、「10GBプラン」(月額2,800円)の3つとなっている。

そこに音声通話サービスを付けたい場合には、「音声通話対応」オプションを月額700円で付けられる。SMSも月額150円で付加できる。

後は、自分でスマートフォンを用意してSIMカードだけニフモのものを使うか、スマートフォンもニフモで購入してしまうか、という形だ。

ニフモで購入できるスマートフォンは「ASUS ZenFone 5」と富士通の「ARROWS M01」の2機種。

そして、現在ニフモでは、スマートフォンとのセットでの申込みの場合、ZenFone 5では1万円、ARROWS M01だと3,100円のキャッシュバックキャンペーンを実施しているのでお得に入手できる機会となっている。

さらに、「3GBプラン」を4月中に申し込んだ方については、「データおかわり 0.5GB」キャンペーンを利用することもできる。このキャンペーンでは4月と5月については、データ通信量が0.5GB追加され、計3.5GBを利用することができる、というもの。

なお、ニフモでは、各月ともプランごとの容量までは下り最大150Mbps、上り最大50Mbpsでの通信が可能だが、指定データ量を超えた場合には月末まで上下とも最大200kbpsに制限される。また、直近3日間のデータ量が基準値を超えた場合にも、最大200kbpsに制限される。基準値は3GBプランでは500MB、5GBプランでは800MB、10GBプランでは1,200MBとなっている。

【情報元、参考リンク】
NifMo
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑