子供向けのスマートウォッチ「ドコッチ 01」が4月4日に発売へ。子供の状態をスマホ、PCから確認可能。動作状況、温度・湿度、位置が分かる。親と離れた時のアラート機能も

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)は26日、家族の方が子供の日常の活動を見守ることができるサービス「ドコッチサービス」を4月4日から提供開始すると発表した。あわせて、同日から専用端末となるスマートウォッチ「ドコッチ 01」のホワイトモデルを販売開始する。ドコッチ 01にはライトブルーモデルもあるが、そちらは4月上旬発売予定と、若干遅れる。

ドコッチ 01、左がホワイトモデル、右がライトブルーモデル

予約は全国のドコモショップ、ドコモオンラインショップで既に受付開始となっている。ドコモオンラインショップでの新規契約時の価格は商品価格の13,608円から「デバイスプラス割」を適用して8,424円になる。

ドコッチサービスでは、ドコッチ 01を装着した子供の様子を最大で6台までのスマートフォンやパソコンからいつでも確認することができる。

確認できる状態、情報はいくつかあり、一つは加速度センサーを使って、子供が今「運動している」のか、「休んでいる」のか、などの状態が分かること。そして、温度・湿度センサーを使って、温度と湿度も知ることができる。夏場の熱中症予防や、乾燥した冬場の風邪対策にも利用できるだろう。しかも、子供にSMS(ショートメッセージ)を送ることで、注意を促すこともできる。

さらに、別途料金はかかるが月額200円の「イマドコサーチ」も契約すると、子供の居場所をGPSを使って確認することができる。万が一の時には、ボタンを長押しすることで、最大6台までのスマホやパソコンにすぐにお知らせできるSOS機能もあり、イマドコサーチとの連携で居場所も知らせることができる。

キッズケータイでも同じことはできるが、こちらは腕時計スタイルで腕に装着するだけなので紛失したり、どこかに置き忘れるといった心配も少ないため、通話機能が不要な場合にはドコッチ 01の方が便利かもしれない。特に、小さいお子さん向けにはキッズケータイよりもドコッチ 01となるだろう。

なお、簡単なボタン操作で親とメッセージのやり取りをすることもできる。

Bluetooth機能を使って親のスマートフォンとドコッチ 01をBluetooth接続しておくことで、出掛けた時に、親から離れたときに知らせてくれる「みまもりアラート」機能もある。迷子対策にもなるので便利かもしれない。

利用イメージ

ドコッチ 01の主な仕様は次の通り。
  • サイズ:44×44×15mm(ベルト含まず)
  • 重さ:46g(ベルト含む)
  • 連続待受時間(静止時):約72時間
  • ディスプレイ:OLED 約1.3インチ
  • 通信:2GHz(Band 1) / 800MHz(Band VI) / 新800MHz(Band XIX) / HSDPA
  • 防水/防塵:IPX5/IP5X

【情報元、参考リンク】
ドコモオンラインショップ/ドコッチ 01
NTTドコモ/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑