ワイモバイルが法人向けのスマホ・タブレット一元管理サービス「デバイスマネジメントサービス」を提供

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ワイモバイルは20日、スマートフォンやタブレットを一元管理できる法人向けのサービス「デバイスマネジメントサービス」を提供開始すると発表した。デバイスマネジメントサービスのサービスは「基本サービス」と「オプションサービス」に大きく分かれ、利用料金はそれぞれに掛かってくる。

イメージ図

「基本サービス」は1IDあたり月額500円で、「オプションサービス」は1IDあたり月額200円。

ただし、3月31日までに登録が完了した場合、「基本サービス」と「オプションサービス」の料金が申込から3ヶ月間は無料になるキャンペーンが行われる。

このサービスでは、スマートフォンやタブレットを業務で使う場合、管理者側で各端末を一元管理できる。利用者や電話番号などの端末情報の管理に加え、端末ごとのセキュリティ設定やアカウント設定などを管理者が遠隔で一元的に行うことが可能になっている。

端末を紛失した際の機能として遠隔でのデータ消去やロック、パスコードの一時解除なども管理者が行うことができる。また、「オプションサービス」には「Webフィルタリングサービス」が用意されている。

サービスの利用上で困ったことがあった時に相談できるヘルプデスクは24時間365日対応となっている。

【情報元、参考リンク】
ワイモバイル/プレスリリース
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑