ドコモ、2011年度第2四半期決算発表。上期に363万台のスマートフォンを販売。年間目標を250万台上乗せし、850万台へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモは2日、2011年度第2四半期(7月〜9月)の決算説明会を都内で開催し、決算概況と当四半期及び今後の取り組み及び見通しについて明らかにした。まず、同社の上期(4月〜9月)の業績は営業収益が2兆1,130億円、内携帯電話収入は1兆7,088億円、営業利益は5,085億円、税引前利益は5,119億円となった。順に前年同期比は1.2%減、1.5%減、4.3%減、2.9%減となった。


ただし、第2四半期については、営業収益は前年同期比で1.6%増の1兆657億円、営業利益は同2.0%増の2,408億円となっている。

同社はパケット収入の拡大を目指しているが、実際に2010年度第4四半期にて音声収入とパケット収入の逆転が起きており、パケット収入は継続的に増加中。

上期の端末総販売数はスマートフォン販売の拡大などにより、前年同期を110万台上回る1,035万台。これは、前年同期比11.9%増に相当する。スマートフォンの販売台数は363万台で、これは2010年度通期の販売台数252万台を半年以下の期間で超えたことを意味している。さらに、同社はスマートフォン販売が今後も好調に推移することを予想し、通期予想を850万台に上方修正した。上乗せ台数は250万台だ。

また、女性をターゲットとした端末が複数投入されたこともあり、スマートフォン購入者に占める女性比率が向上した点が当四半期の特徴にもなっている。前年同期は28%だった女性比率が当四半期は44%にまで増加した。

NTTドコモは2015年度にはスマートフォン契約者数を4,000万件ほどにまで増やす計画であり、今後も引き続きフィーチャーフォンからスマートフォンへのシフトへの取り組みを進める。


【情報元、参考リンク】
NTTドコモ/2011年度第2四半期決算説明資料(PDF)
週間Android人気アプリランキング(一般アプリ編)
(2016年5月20日集計分)
今なら「ダイの大冒険」130話分を無料で読めます。集英社の漫画雑誌アプリ。オリジナル連載作や過去・現在の作品を読むことができます。
2位:AbemaTV
新動画サービス。24時間放送のニュース番組、多数のアニメ作品、ドラマ、スポーツなど、無料で多くの番組を視聴可能。
3位:Dr.Booster
ウイルスバスターのトレンドマイクロ製の無料アプリで、メモリ開放、不要データ削除、スマホの動作快適化機能、ウイルスチェック機能を利用できます。
広告を5秒間表示するだけで「楽天スーパーポイント」が貰える楽天純正アプリ。手軽にポイント入手できるのでオススメです。
「週刊少年マガジン」の公式アプリ。6週前から3週前までの3号分を無料で読めます(*現時点では)。3週遅れでも無料でマガジンを読めるのが嬉しいです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑