米IDC、2015年のスマートフォン市場は1位Android、2位Windows Phone、3位iOSと予測。年間出荷台数は10億台へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
米調査会社IDCは現地時間9日、スマートフォン市場の調査レポートを発表した。同社のレポートでは2011年から2015年までの市場予測が行われており、2015年には年間のスマートフォン出荷台数は10億台に達する見込み。2011年が4億7千2百万台との予測のため、彼らの考え通りになれば約2倍相当にまで伸びることになる。

Worldwide Smartphone Operating System 2011 and 2015 Market Share and 2011-2015 Compound Annual Growth Rate
(Source: IDC Worldwide Quarterly Mobile Phone Tracker, June 9, 2011.) 

また、スマートフォン向けOSのシェア争いに関しては、2015年には米GoogleのAndroidが43.8%を獲得してトップ、2位には米MicrosoftのWindows Phoneが20.3%でつけ、3位には米AppleのiOSが16.9%のシェアを確保すると考えられている。4位にはカナダのResearch In Motion(RIM)のBlackBerry OSが13.4%でつける。

気になる2011年のシェアについては、1位がAndroidで38.9%、2位がフィンランドNokiaのSymbianで20.6%、3位がiOSで18.2%、4位がBlackBerry OSで14.2%、5位がWindows Phoneで3.8%との予測。

これらの数値変化からわかるように、IDCは今後数年間でWindows Phoneが大きな飛躍を遂げるとみている。

現在は苦戦が続くWindows Phoneだが、彼らのように今後の飛躍を予想する声はいくつか聞こえてくる。最大の理由は携帯電話業界の巨人、NokiaがWindows Phoneを採用することが決まっているからだ。実際に現在の競争力、シェアをキープしつつWindows Phone搭載スマートフォンの拡販にNokiaが成功すれば、IDCの予測通りに市場シェアの構成は変化するかもしれない。

しかし、成功しなければAndroidとiOSの2強体制がより堅固になるだろう。

全世界的に成長著しいスマートフォン市場だが、Android陣営、Apple、Windows Phone陣営、RIMの動き次第で今後数年の趨勢が決まる重要な時期に差し掛かっているように見える。それぞれのプラットフォームに成長要素、不安要素が混在しており、実際には将来はまだ不透明だろう。

【情報元、参考リンク】
IDC/Worldwide Smartphone Market Expected to Grow 55% in 2011 and Approach Shipments of One Billion in 2015, According to IDC
週間Android人気アプリランキング(一般アプリ編)
(2016年5月20日集計分)
今なら「ダイの大冒険」130話分を無料で読めます。集英社の漫画雑誌アプリ。オリジナル連載作や過去・現在の作品を読むことができます。
2位:AbemaTV
新動画サービス。24時間放送のニュース番組、多数のアニメ作品、ドラマ、スポーツなど、無料で多くの番組を視聴可能。
3位:Dr.Booster
ウイルスバスターのトレンドマイクロ製の無料アプリで、メモリ開放、不要データ削除、スマホの動作快適化機能、ウイルスチェック機能を利用できます。
広告を5秒間表示するだけで「楽天スーパーポイント」が貰える楽天純正アプリ。手軽にポイント入手できるのでオススメです。
「週刊少年マガジン」の公式アプリ。6週前から3週前までの3号分を無料で読めます(*現時点では)。3週遅れでも無料でマガジンを読めるのが嬉しいです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑