NTTドコモ、電話番号とメールアドレスをキープできるサービス「電話番号保管」と「メールアドレス保管」を3月1日より提供へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
Image: OiMAX.
NTTドコモは17日、海外赴任や留学などで長期間海外へ渡航するユーザーの利便性向上を目的に、FOMAの電話番号とメールアドレス(iモード、spモード)を最大3年間キープできるサービス、「電話番号保管」と「メールアドレス保管」(オプション)を3月1日から提供開始することを発表した。利用料金は「電話番号保管」が月額420円、「メールアドレス保管」が月額105円。ただし、「メールアドレス保管」はオプションサービスなので、それ単体で申し込むことはできない。

一般に海外に長期間滞在するユーザーは、国内携帯電話の契約を解約したり、最低料金でキープしたり、という形が多い。しかし、最低料金でのキープも本来であれば不必要な出費だ。また、一度解約してしまうと、帰国後に再契約する際、同じ番号を得ることはできない。

そこでNTTドコモは、帰国後も同じ番号、同じメールアドレスを利用できるように、キープできるサービスを用意する。

「電話番号保管」は最長で3年間契約することができ、3年経過後は自動的に解約される。月額利用料は420円で、申し込み時に事務手数料が1,050円別途かかる。さらに、オプションサービスとして「メールアドレス保管」も申し込むことが可能だ。こちらは月額105円。最長契約期間は3年間。事務手数料は無料。この2つに申し込むことで携帯電話番号とメールアドレスを最長で3年間、月額525円でキープすることが可能になる。

申し込みは全国のドコモショップ、ドコモ インフォメーションセンターなどで対応。

また、3月1日から5月31日までは事務手数料が無料になるキャンペーンが実施される。

【情報元、参考リンク】
NTTドコモ/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑