Google、プログラミング知識いらずのAndroidアプリ作成ツール「App Inventor」を発表。利用者登録募集中

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
今月中にも総登録数が10万を超えようとしているAndroid Marketのアプリだが、その数を更に押し上げる可能性を秘めたツールが登場する。米Googleがリリースした「App Inventor for Android」がその手段だ。同社はApp Inventorのβ版を公開し、現在ウェブサイト上で利用者登録を募集している。App InventorはJavaなどのプログラミング言語の知識を使わずに、必要なオブジェクトを配置・設定していくだけで簡単にアプリを作成することのできるツールだ。利用者登録をしたユーザーには今後数週間以内に利用許可が出される予定で、しばらく待てばApp Inventorを実際に使ってアプリを作ることが可能になる。

通常であればAndroidアプリを作るには最低限Javaを覚え、Android APIを使ったプログラミングに慣れる必要があるが、App Inventorはそれらの知識を必要としない。

アプリを作るにはプロジェクトを作成し、後は自分が作り上げたいアプリの機能をパレットから選んで配置、設定していくだけでいい。パレットにはベーシック、メディア、アニメーション、ソーシャルなど各カテゴリ別にオブジェクトが用意されている。例えばベーシックにはボタン、キャンバス、チェックボックス、イメージ、ラベル、テキストボックスなどだ。

これらの各機能を持つオブジェクトを配置し、それぞれの実行機能を設定してやるだけでいい。

例えばボタンを押した時に指定したサウンドファイルを再生させる、などはボタン配置、サウンド再生設定などをマウスを使って操作するだけで実現することができる。この間、ソースコードを書く必要はない。概要は下の動画を見れば一目瞭然だ。


App InventorではGPS機能にアクセスすることもできるし、メールなどのメッセージング機能を始めとした携帯電話の基本機能を使うことも、TwitterなどAPIを公開しているウェブサイトのサービスと連携したアプリを作成することも可能。

シンプルなアプリを作るツールとしてはとても便利な存在になるかもしれない。

正式に利用できるまでにはまだ数週間かかるが興味のある方は下記ページより事前登録しておくことをオススメしたい。Googleアカウントを入力後、さらにいくつかの項目を入力する必要があるが、4、5項目なのですぐに終わるはずだ。

【情報元、参考リンク】
App Inventor for Android/About App Inventor
App Inventor/登録ページ
週間Android人気アプリランキング(一般アプリ編)
(2016年5月20日集計分)
今なら「ダイの大冒険」130話分を無料で読めます。集英社の漫画雑誌アプリ。オリジナル連載作や過去・現在の作品を読むことができます。
2位:AbemaTV
新動画サービス。24時間放送のニュース番組、多数のアニメ作品、ドラマ、スポーツなど、無料で多くの番組を視聴可能。
3位:Dr.Booster
ウイルスバスターのトレンドマイクロ製の無料アプリで、メモリ開放、不要データ削除、スマホの動作快適化機能、ウイルスチェック機能を利用できます。
広告を5秒間表示するだけで「楽天スーパーポイント」が貰える楽天純正アプリ。手軽にポイント入手できるのでオススメです。
「週刊少年マガジン」の公式アプリ。6週前から3週前までの3号分を無料で読めます(*現時点では)。3週遅れでも無料でマガジンを読めるのが嬉しいです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑