Xperia、HTC Desireでの将来的なAdobe Flash Player 10.1導入を検証

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソニー・エリクソンの開発者の一人、Rikard Skogberg氏がブログ上で「Xperiaのマルチタッチ対応はない、問題はソフトウェアだけでなくハードウェアにもあるようだ」と答えたことで急激に熱が下がった方もいるだろう。

しかし、「Androidスマートフォンの魅力はマルチタッチのみにあらず! 今後予定されているAdobe Flash Player 10.1があるじゃないか!」と自らを慰めている方もいると思う。もちろん、マルチタッチ対応が本当にないのかどうかは不明だ。

しかし、ここではモバイル向けに開発が進んでいるFlash Playerについて確認してみたい。

まず、Adobeは現在モバイル・プラットフォーム向けのFlash Player 10.1を開発中であり、すでにベータ版はリリースされている。正式版のリリースも世界的に2010年上半期中に行われる見通しだ。対応しているモバイル・プラットフォームはAndroid、Symbian、Palm webOS、BlackBerry、Windows Phone 7となっている。AppleのiPhone、iPod Touch、iPadの対応予定はない。

では、具体的にAndroid OSのバージョンはいくつからの対応なのか? というと現在はOS 2.0以降の対応とされている。

その為、ソフトバンクから4月下旬に発売予定の「HTC Desire」はFlash Player 10.1がリリースされれば即座に導入できるはずだが、ソニー・エリクソンの「Xperia」は現状では導入できない。XperiaのAndroid OSは1.6であり、今後2.0以上にアップデートされない限り、Flash Playerの導入は実現しない。しかし、OSのバージョンアップはNTTドコモ、ソニー・エリクソン間で前向きに検討中とされているため、あると期待したい。

ここでは、仮に将来、無事にXperiaのOSがアップデートされた場合を考えてみよう。そうなった場合にはおそらく問題なくFlash Player 10.1を導入できる。また、HTC Desireは問題なくスムースに導入できるだろう。

それでは、実際にFlashが組み込まれた時、Androidスマートフォンにおけるウェブブラウジングはどのように変わるのだろうか?

Adobeがデモ動画を公開しているので紹介したい。HTC HD2(Windows Mobile 6.5)でのブラウザデモは1:05秒辺りから、Nexus Oneでのデモは2:21辺りから始まる。Nexus OneではFlashゲームのデモも行われている。



ご覧頂ければわかるように、ほぼパソコンでのブラウジングと同じといっていい。もちろんニコニコ動画も他の動画サイトも閲覧できるようになる。Flashゲームだってデモ動画のように問題ない。Flashの導入だけで端末の魅力は倍増する。

最低限、Flashを使えるようにAndroid OSのバージョンアップだけは何とかして欲しいところだ。ソニー・エリクソンとドコモの判断を期待したい。なお、HTC Desireはソフトバンクからの発売時からFlash Lite 4.0が搭載されているので一部のFlashは利用できる。

【参考リンク】
Adobeのプレスリリース「アドビ システムズ社、モバイル向けAIRを発表、Flash Player 10.1の公開準備を完了
週間Android人気アプリランキング(ゲームアプリ編)
(2016年9月19日集計分)
世界中で熱狂の渦を巻き起こしたポケモンGO。アップデートで少しずつ追加要素が導入され、楽しみが増えています。
テレビCM放映中の新作RPG。良くできてます。シナリオを追う冒険のほか、強さを競うアリーナや攻城戦なども面白いです。
1100万ダウンロード突破のドラクエ新作。星型マップで惑星内を巡る冒険を楽しめます。
童話の世界を舞台とするスクエニのアクションRPG。スタミナ制ではないので遊び放題!
ポケモンGOだけでなくこちらも人気。ポケモン新作のフィギュアで戦う戦略的ボードゲームです。
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑