Androidニュース&アプリ情報メディア

新着

5/recent/ticker-posts

mineo(マイネオ)が月額660円の新プラン「マイそくライト」を提供開始!低速ながら使い放題

オプテージは24日、格安SIMサービス「mineo(マイネオ)」において新プラン「マイそくライト」の提供を開始した。マイそくライトは月額660円(税込、以下同)で、通信速度が最大300kbpsというプラン。

「マイそくライト」が登場!
<▲画像:「マイそくライト」が登場!>

通信速度が遅いため一般的な使い方には向かず、同社は「電話やメッセージのやり取り中心でほとんどデータ通信しない方」をターゲットとして想定している。

通信速度が遅いこともあり、月々の利用データ通信量の上限はない。使い放題だが通信速度が最大300kbpsということになる。

実際、仮に理論的最大値の300kbpsで通信できた場合でもChromeでのWebサイト閲覧も厳しいと思う。同社が言うように電話やメッセージ中心の使い方が現実的なところだろう。一方、HTMLメールや添付ファイルが無いのであればメールも問題なくできるかもしれない。

ただ、月曜日~金曜日のお昼の12時台は通信速度が最大32kbpsに制限されるという要注意事項がある。

このようにデータ通信は相当厳しいだろう。一方で、音声通話が中心のユーザーの場合には「10分かけ放題オプション」(月額550円)を合わせても月額1,210円に収まる。音声通話の発信回数が多いユーザーにとっては一気に魅力が出てくるだろう。

また、8月末までに加入した場合には「10分かけ放題」が6カ月間に渡って毎月最大440円割引となるキャンペーンもあるのでおトクだ。

マイそくライトのターゲットユーザーは限定的になると思うので、安易に選択するプランではない。適当に加入するなら無難に「マイピタ」から選ぶべきだろう。もしくはライトではない「マイそく」もある。

「マイそく」シリーズの全プラン
<▲画像:「マイそく」シリーズの全プラン>

マイそくには、「マイそくスタンダード」(月額990円)と「マイそくプレミアム」(月額2,200円)もある。月曜日から金曜日のお昼に通信速度が32kbpsに制限されるのはどのマイそくプランでも同じだが、それ以外の時間帯の通信速度が違う。スタンダードでは最大1.5Mbps、プレミアムでは最大3Mbpsとなっている。

1.5Mbpsあれば意外とデータ通信も使えるので、使い方次第では魅力的なプランだ。

情報元、参考リンク
mineo公式ページ
オプテージ/プレスリリース

読者&編集部コメント欄

この記事のコメント:0 件