Androidニュース&アプリ情報メディア

新着

5/recent/ticker-posts

ゲーミングスマホ「REDMAGIC 7」をHISモバイルが発売!Snapdragon 8 Gen 1、165Hz駆動ディスプレイ、多次元冷却システム搭載

ゲーミングスマホに特化したメーカーNubia Technology(以下、ヌビア)の「REDMAGIC」(レッドマジック)シリーズの最新モデル「REDMAGIC 7」を格安SIM「HISモバイル」で18日より販売開始した。

「REDMAGIC 7」が登場!
<▲画像:「REDMAGIC 7」が登場!>

REDMAGIC 7は日本での販売代理店をつとめるNLNテクノロジーの公式通販サイト「NLNオンライン」、Amazon.co.jp、ビックカメラ、ヨドバシカメラ等での販売も行われていて、端末価格はメモリが12GB、ストレージが128GBのモデル「Obsidian」(カラー:ブラック)が91,000円(税込、以下同)、18GB、256GBモデルの「Supernova」(カラー:クリア)が116,000円。販売チャネルによってポイント付与など、若干の違いがある。

HISモバイルの場合は、端末単体販売はObsidianが91,000円、Supernovaが116,000円だが、SIMカードとのセット販売では2,000円の割引価格となる。

REDMAGIC 7には最新のハイエンドスマホが共通して採用する「Qualcomm Snapdragon 8 Gen 1」を搭載し、ディスプレイは6.8インチサイズで解像度が2,400 x 1,080ドットの有機EL。しかもリフレッシュレートは165Hz対応で設定は4段階での変更が可能、タッチサンプリングレートは最大720Hzとなっている。

最大165Hzのリフレッシュレート対応、最大720Hzのタッチサンプリングレート対応のディスプレイ
<▲画像:最大165Hzのリフレッシュレート対応、最大720Hzのタッチサンプリングレート対応のディスプレイ>

さらに映像をUSB Type-C端子から有線でテレビやモニターのHDMI入力へ出力でき、その際のリフレッシュレートも最大120Hzに対応する。

Snapdragon 8 Gen 1に限らず、ハイエンドチップセットをハイパワーで駆動させる場合には発熱が気になるところだが、REDMAGIC 7では、「ICE 8.0」にアップグレードされた最新の冷却システムを搭載する。本体両側に排気口を備えるだけでなく、背面にも排気口を搭載する。素材も宇宙開発グレードのPCMで、熱を感じにくく快適なゲーム体験をできるという。

内部放熱ファンを搭載
<▲画像:内部放熱ファンを搭載>

ICE 8.0 多次元冷却システム
<▲画像:ICE 8.0 多次元冷却システム>

また、Supernovaモデルの場合には背面がクリアパーツによるスケルトンデザインになっていて、RGBライト付きの内蔵ターボファンの動きも見えるようになっている。

ゲーミング要素としてはショルダートリガーボタン(500Hz)も搭載し、サウンド面ではデュアルステレオスピーカーを搭載する。カメラは背面にトリプルカメラ、前面に800万画素のシングルカメラを搭載する。

ショルダートリガーも500Hzの検出レート
<▲画像:ショルダートリガーも500Hzの検出レート>

リアにはトリプルカメラを搭載する
<▲画像:リアにはトリプルカメラを搭載する>

バッテリー容量は4,500mAhで、本体サイズは約170.57 x 78.33 x 9.5mm、重さは約215g。

なお、HISモバイルの料金プランは現在は月額590円からだが5月中旬に新プランが登場し、月額290円~となるので新プランでは通信費をかなり抑えることもできる。

情報元、参考リンク
HISモバイル公式サイト
Amazon/REDMAGIC 7(12GBモデル)
Amazon/REDMAGIC 7(18GBモデル)

読者&編集部コメント欄

この記事のコメント:0 件