Androidニュース&アプリ情報メディア

新着

5/recent/ticker-posts

楽天モバイルが新スマホ「Rakuten Hand 5G」を2月14日に発売へ!5.1インチ、デュアルeSIM対応

楽天モバイルは10日、同社オリジナルのAndroidスマートフォン新製品「Rakuten Hand 5G」(ラクテン ハンド ファイブジー)を14日に発売すると発表した。「Rakuten Hand 5G」はその名の通り「Rakuten Hand」の後継機種で、先代の特徴である手頃なサイズ帯を維持しつつ5Gへの対応を果たしている。

「Rakuten Hand 5G」。カラーは左から順にクリムゾンレッド、ブラック、ホワイト
<▲図:「Rakuten Hand 5G」。カラーは左から順にクリムゾンレッド、ブラック、ホワイト>

楽天モバイル公式サイトの他、「楽天モバイル公式 楽天市場店」、実店舗の「楽天モバイルショップ」にて39,800円(税込、以下同)での販売となるが、キャンペーンを適用できれば最大で20,000ポイントの進呈があるので、実質的な負担額を19,800円と捉えることもできる。詳しくは後述したい。

なお、発売日時は販売チャネルで異なり、楽天モバイル公式サイトと楽天モバイル公式 楽天市場店では2月14日(月)9時から、楽天モバイルショップでは各店舗の2月14日の開店時間からとなっている。



Rakuten Hand 5Gについて

Rakuten Hand 5Gの概要と基本スペック

「Rakuten Hand 5G」は、本体サイズが約138 x 63 x 9.5mmで、重さは約134g。横幅が63mmと狭いため片手で持ちやすく軽いボディが大きな魅力だ。ボディサイズが小さいのでディスプレイは約5.1インチ。解像度が1,520 x 720ドットの有機ELパネルを搭載している。

デザインは先代「Rakuten Hand」の基本を踏襲したもので、非常にシンプルだ。

「Rakuten Hand 5G」は持ちやすいサイズが魅力
<▲図:「Rakuten Hand 5G」は持ちやすいサイズが魅力>

防水・防塵、指紋認証、顔認証に対応し、「おサイフケータイ」機能も備えている。多くのユーザーが求める基本機能は一通り装備している。また、SIMカードに関しては物理SIMカードには非対応で、完全に「eSIM」のみの製品となっている。しかし、eSIMによるデュアルSIM対応なので、将来的には便利かもしれない。

CPUはQualcomm Snapdragon 480、メモリは4GB、ストレージは128GBと、基本スペックはいわゆるエントリークラス。バッテリー容量が2,630mAhと比較的少ない点は心もとないもののボディが小さいので致し方ない部分だろう。恐らくゲームを長時間プレイするような用途では「Rakuten Hand 5G」は選ばないと思うので、ライトユースには十分持つかもしれない。

カメラはリアが2眼で、フロントが1眼。リアカメラは約6,400万画素のメインカメラと約200万画素の深度カメラの構成で、フロントカメラは約1,600万画素だ。

カメラアプリには背景を柔らかくぼかす「背景ぼかしモード」や暗所でも色鮮やかに撮影できる「夜景モード」、自撮りを綺麗に撮影できる「美顔モード」などが搭載されている。

また、楽天モバイルのオリジナルスマートフォンならではの機能が搭載されている。「Rakuten Hand 5G」のカメラで様々な商品につけられているバーコードを読み取ることで「楽天市場」でその商品を手軽に検索できるようになっている。他にも楽天グループのサービスを利用しやすいように、初期設定時に「my 楽天モバイル」アプリにログインすることで「Rakuten Hand 5G」にプリインストールされている楽天グループの各サービスのアプリにワンタップでログインできるようになっている。

基本スペックをまとめると下記の通りだ。

  • 製品名:Rakuten Hand 5G
  • OS:Android 11
  • CPU:Qualcomm Snapdragon 480
  • メモリ:4GB
  • ストレージ:128GB
  • ディスプレイ:約5.1インチ、1,520 x 720ドット、有機EL
  • バッテリー容量:2,630mAh
  • 生体認証:指紋認証、顔認証
  • 防水・防塵:対応(IPX8 / IP6X)
  • おサイフケータイ/NFC:対応
  • リアカメラ:メインカメラ(約6,400万画素)、深度測位カメラ(約200万画素)
  • フロントカメラ:約1,600万画素
  • 本体サイズ:約138 × 約63 × 約9.5(mm)
  • 重さ:約134g
  • カラー:ホワイト、ブラック、クリムゾンレッド
  • SIM:eSIMのみ(※eSIM × 2のデュアルeSIM仕様)
  • microSDカード:非対応
  • ワンセグ/フルセグ:非対応
  • Wi-Fi:IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠
  • Wi-Fiテザリング:同時接続最大10台まで
  • モバイル通信:
    • 5G:n77(3.8GHz)
    • 4G:B1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/26/28/38/40/41/42
    • 3G:I/II/IV/V/VI/X IX
    • GSM:非対応
  • モバイル通信速度:5Gで下り最大2,200Mbps、上り最大142Mbps、4Gで下り最大400Mbps、上り最大102Mbps
  • Bluetooth:5.1
  • ハイレゾオーディオ:対応
  • 3.5mmオーディオ端子:非対応


Rakuten Hand 5Gの価格とキャンペーン

価格とポイント進呈キャンペーンを見ていきたい。

「Rakuten Hand 5G」の価格は39,800円なので、ひとまず購入時に39,800円の支払いは必要だ。しかし、最大で合計20,000ポイントが進呈されるキャンペーンを利用することができるので、ポイントを考慮すれば実質的な負担額を19,800円と考えることも可能だ。

具体的にはキャンペーンは2つの併用となる。一つは楽天モバイルの料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」に初めて加入する方を対象に5,000ポイントが進呈されるというもの。

ただし、ポイント進呈には申込月の翌月末日までにコミュニケーションアプリ「Rakuten Link」を使って音声通話の発信を行い、10秒以上の通話をする必要がある。

特に難しくはないので、問題ない条件だと思う。

そしてもう一つのキャンペーンは他社からの乗り換え(以下、MNP)の場合に15,000ポイントが進呈されるというもの。前述のキャンペーンによる5,000ポイントと合わせて最大で20,000ポイントを得ることができる。この15,000ポイント進呈のキャンペーンの条件はMNPでの申込という点と、やはり「Rakuten Link」アプリを用いて申込月の翌月末日までに音声通話の発信を行い、10秒以上の通話を行うこと。

「Rakuten Link」アプリでの発信/通話は各キャンペーンそれぞれで必要はないので、MNPで加入する方も一度行えばいい。

ポイントの進呈時期は「Rakuten Link」アプリでの通話条件を満たした月の翌々月末日頃までに行われる。注意したいのは申込月の翌々月末日頃までではなく、「Rakuten Link」アプリでの通話条件を満たした月の翌々日末頃までなので、「Rakuten Link」アプリでの通話条件は端末が届き次第早めに行っておく方が良いということだ。早く行えば申込月の翌々月末日までにポイントが付与されるはずだ。

楽天モバイルへの申し込みの流れ等についてはこちらの記事を参照して欲しい。2021年4月に筆者が加入した時の流れだが、今も大きくは変化していない。

いずれにしても新規契約で5,000ポイント、MNPで20,000ポイント進呈されるので忘れずに「Rakuten Link」アプリで発信しておきたい。

情報元、参考リンク
楽天モバイル公式サイト
Rakuten Hand 5G製品ページ

読者&編集部コメント欄

この記事のコメント:0 件