Androidニュース&アプリ情報メディア

新着

5/recent/ticker-posts

ドコモ、5G対応・バッテリー増量・マスク通話モード搭載「らくらくスマートフォン F-52B」が登場!

NTTドコモ(以下、ドコモ)は16日、「らくらくスマートフォン」シリーズの新モデル「らくらくスマートフォン F-52B」(FCNT製)の事前予約の受付を開始した。発売日は全国一斉で24日の予定だが、ドコモオンラインショップでは事前購入受付を21日から開始する。価格は51,744円(税込、以下同)で、36回分割した場合の月々の支払額は1,437円。

「らくらくスマートフォン F-52B」
<▲図:「らくらくスマートフォン F-52B」>

ドコモは同じく24日にシニア層を主なターゲットとした新製品「あんしんスマホ KY-51B」も発売予定だが、「あんしんスマホ KY-51B」についてはこちらの記事を参照して欲しい。「あんしんスマホ KY-51B」はらくらくスマホよりも一般のスマホにやや近い製品だ。

「あんしんスマホ KY-51B」
<▲図:「あんしんスマホ KY-51B」>

そして、らくらくスマホの新モデルとなる「らくらくスマートフォン F-52B」だが、パッと見は旧機種の「らくらくスマートフォン F-42A」(2020年9月23日発売)とそう変わらず、色合いが少し違う程度。逆にいえばシリーズの愛好者にとっては違和感なく移行できそうだと感じると思う。

「らくらくスマートフォン F-52B」(左)と旧機種の「らくらくスマートフォン F-42A」(右)
<▲図:「らくらくスマートフォン F-52B」(左)と旧機種の「らくらくスマートフォン F-42A」(右)>

それでいてシリーズ初となる5Gへの対応、2眼カメラの搭載、コロナ禍対応として「マスク通話モード」の搭載やアルコール除菌での清掃に公式で対応を謳っているなど、細かく見ていくと色々な変化がある。

泡ハンドソープでの丸洗いやアルコール除菌への対応
<▲図:泡ハンドソープでの丸洗いやアルコール除菌への対応の他、マスク通話モードも搭載する>

基本部分から見ていくとOSはAndroid 11で、もちろんGoogle Playにも対応している。

ディスプレイは約5.0インチで解像度が1,980 x 1,080ドットの有機EL、CPUはQualcomm Snapdragon 480、メモリは4GB、ストレージは64GB、バッテリー容量は3,400mAh、本体サイズは約143 x 70 x 9.3mm、重さ約153gといった基本スペック。

「らくらくスマートフォン F-42A」は4.7インチ、Snapdragon 450、メモリ3GB、ストレージ32GB、バッテリー容量2,110mAhといった基本スペックだったので、微妙にスペックアップしている訳だが、最も体感しやすい大きな変化はバッテリー容量が2,110mAhから今回3,400mAhに増量されたことかもしれない。

スペック上の数値なので実使用時間とは異なるが、それでも連続待受時間が約410時間から約510時間に、連続通話時間は「VoLTE(HD+)(EVS-SWB)」の場合で約800分(F-42Aでは「4G LTE VoLTE」)の場合は約900分間)から約1250分に伸びている。

バッテリー容量の大幅増量
<▲図:旧機種である「らくらくスマートフォン F-42A」からの大きな改善点の一つがバッテリー容量の大幅増量>

また、モバイル通信ではらくらくスマホシリーズでは初の5G対応で、通信速度は5Gのときに下り最大1.9Gbps、上り最大218Mbps、4Gでは下り最大694Mbps、上り最大75Mbpsとなっている。

カメラがグレードアップしている点も見逃せない。

リアカメラは約1,310万画素、F1.8の標準カメラと約190万画素、F2.4のマクロカメラによる2眼構成のカメラになった。フロントカメラは約810万画素の広角カメラだ。マクロカメラでは被写体に近づくことができるため、花などを接写したいときに役立つ。また、料理や夜景、ペットなどシーンに合わせて被写体を自動認識したり、動きが多くて撮影しにくい子どもやペットなどのベストショットも手軽に撮影できるようになっている。

背面に2眼カメラを搭載してマクロ撮影も可能
<▲図:背面に2眼カメラを搭載してマクロ撮影も可能>

前述したマスク通話モードは、マスク越しの相手の声を聞き取りやすくする通話モード。

また、「あんしんスマホ KY-51B」にはない機能として「らくらくスマートフォン F-52B」はワンセグに対応しているので、日常利用は勿論として、災害時などにテレビを視聴する手段として役立つかもしれない。FMラジオにも対応している。

「らくらくスマートフォン F-52B」の使い方が分からないときには使い方ガイドアプリを使ってもいいし、「らくらくホンセンター」にはボタンを押すだけで電話相談できるし、動画や自宅訪問で使い方を教えてくれる「らくらくコンシェルジュ」(※訪問レッスンは有料)などもあるし、発売から暫くの間(※在庫がある限り)は「使いこなしガイド」がプレゼントされるので、それも役立ちそうだ。

「使いこなしガイド」のプレゼントキャンペーンは「らくらくスマートフォン F-52B」の購入者を対象に実施され、在庫がなくなるまで配布される。実店舗の場合には手渡し、ドコモオンラインショップの場合には「らくらくスマートフォン F-52B」と一緒に発送される。

「らくらくスマートフォン F-52B」の主な仕様は下記の通りだ。

  • OS:Android 11
  • Google Play:対応
  • ディスプレイ:5.0インチ、1,980 x 1,080ドット、有機EL
  • CPU:Qualcomm Snapdragon 480
  • メモリ:4GB
  • ストレージ:64BG
  • microSDカード:対応(最大1TB)
  • バッテリー容量:3,400mAh
  • モバイル通信:5G、4G対応
  • 通信速度:5Gで下り最大1.9Gbps、上り最大218Mbps、4Gで下り最大694Mbps、上り最大131.3Mbps
  • リアカメラ:約1310万画素/F1.8 + 約190万画素/F2.4
  • フロントカメラ:約810万画素/F2.0 広角カメラ
  • 防水・防塵:対応
  • ワンセグ/フルセグ:ワンセグのみ対応
  • おサイフケータイ:対応
  • 生体認証:指紋認証
  • ハイレゾオーディオ:非対応
  • FMラジオ:対応
  • 本体サイズ:約143 x 70 x 9.3mm
  • 重さ:約153g
  • カラー:ピンク、ホワイト、ネイビー
  • メーカー:FCNT

情報元、参考リンク
ドコモオンラインショップ/らくらくスマートフォン F-52B製品ページ
ドコモオンラインショップ

読者&編集部コメント欄

この記事のコメント:0 件