Androidニュース&アプリ情報メディア

新着

5/recent/ticker-posts

「Android Bazaar and Conference Diverse 2021 Winter」が12月11日に開催へ。伊豆大島から配信!

日本Androidの会が主催する国内最大級のAndroid専用イベント「Android Bazaar and Conference」(略称「ABC」)シリーズの最新回となる「Android Bazaar and Conference Diverse 2021 Winter in Izu Oshima」(略称「ABCD2021W」)が12月11日(土)に開催されることが明らかになった。

<▲図:「ABCD 2021 Winter」が12月11日に開催へ>

今回のイベント名には「in Izu Oshima」と書かれていることから想像できるかもしれないが、東京都大島町の伊豆大島から配信するという。

イベント自体は依然としてコロナ禍にあるためだと考えられるが、今回もオンライン開催となる。

テーマは『「I & roid」 ~エンジニアは先進技術と伊豆大島で活躍できる~』で、予定されているイベント内容は下記の通り。

  • Android関連の技術のセッション
  • Androidに関連した先進技術のセッション
  • ワーケーションをテーマにしたセッション

現時点ではスケジュールとテーマ、上記の概要程度しか情報公開されていないので、詳細はもうしばらく待つ必要があるが、すでに「connpass」上にイベントページが用意されているので、関心がある方は忘れずに参加申し込みをしておこう。費用は無料だ。

コロナ以前のABCは、「Bazaar」と「Conference」の二本柱を軸とした一大イベントで、特に大学のキャンパスを舞台とする回が多かったこともあり、学園祭などに近い雰囲気も持っていた。Bazaar、すなわち展示会場にはAndroid端末、Androidが絡むサービスなどの他、ロボットなども毎回用意されていて、家族で訪れる方も多く、とても楽しいイベントだった。加えて、Conference、講演会には技術的なテーマも多く、開発者、業界関係者の聴講も多かった。

<▲写真:過去に開催されたABCにおけるワークショップの一コマ>

<▲写真:過去回での展示会場の模様>

ABCに限らず新型コロナウイルスの影響によって大きなイベントは軒並み変化を強要される形となっている昨今だが、ひとまず現在も続いていることに感謝しつつ、最新回であるABCD 2021 Winterに期待したいところ。ゆくゆくはコロナが終息し、以前のように楽しく、学びのある一大イベントとしてのABCの復活にも期待したい。

後日、カンファレンスのタイムテーブル等、イベント詳細が明らかになり次第、改めてお伝えしたい。

情報元、参考リンク
Android Bazaar and Conference Diverse 2021 Winter in Izu Oshima公式サイト(@conpass)
日本Androidの会 conpassページ
日本Androidの会

読者&編集部コメント欄

この記事のコメント:0 件