Androidニュース&アプリ情報メディア

新着

5/recent/ticker-posts

IIJmio、国内音声通話料金を半額化。プレフィックス番号や専用アプリ不要

インターネットイニシアティブ(以下、IIJ)は9日、格安SIM/スマホサービス「IIJmio」において、国内音声通話料金を11日より改定すると発表した。

<▲表:国内音声通話料金の改定について>

通常料金は現行の30秒あたり22円(税込、以下同)から、改定後には半額の11円になる。また、「ファミリー割引通話」適用時の料金も現行の30秒あたり17.6円から半額の8.8円。ただし、元々通常の半額だった「みおふぉんダイアル」使用時の料金は現行の30秒あたり11円のまま据え置きとなる。

逆に言えば、現在は「みおふぉんダイアル」アプリを使うかプレフィックス番号(0037-691)を付与して発信しなければ通常の半額にはならないものの、11日以降は、それらが不要で普通に電話を掛けるだけでも半額になる。

対象のSIMは、NTTドコモ網の「タイプD」、au網の「タイプA」それぞれの音声SIM。

対象サービス及びプランは下記の通り。

  • IIJmioモバイルサービス ギガプラン(ギガプラン2ギガ/4ギガ/8ギガ/15ギガ/20ギガ)
  • IIJmioモバイルサービス(ミニマムスタートプラン、ライトスタートプラン、ファミリーシェアプラン、ケータイプラン)
  • IIJmioモバイルプラスサービス(従量制プラン、エコプランミニマム、エコプランスタンダード)

なお、改定料金の利用にあたっては特に申込手続き等は不要で、自動的に新しい料金が適用されるようになる。

情報元、参考リンク
IIJmio公式サイト
IIJ/プレスリリース

読者&編集部コメント欄

この記事のコメント:1 件
  1. <編集後記>
    プレフィックス番号、アプリ不要で半額になったのは単純に嬉しいですね!

    返信削除