Androidニュース&アプリ情報メディア

新着

5/recent/ticker-posts
OCNモバイルONE

クラウドゲーム「GeForce NOW Powered by SoftBank」が月額無料のフリープランを提供開始。ソフトバンク携帯ユーザー以外も利用可能

ソフトバンクは3日、クラウドゲーミングサービス「GeForce NOW Powered by SoftBank」が提供開始から1周年を迎える10日より、同サービスを月額料金無料で利用できる「フリープラン」の提供を開始すると発表した。そして、現在提供中の有料プラン「プレミアムプラン」がソフトバンクプレミアムの「エンタメ特典」の対象に追加されることも明らかになった。

GeForce NOW

ソフトバンクプレミアムの「エンタメ特典」は、ソフトバンクの携帯電話ユーザーが対象のエンターテインメントサービス、例えば「Netflix」や「DAZN」などのサービスを利用していて、その支払い方法を「ソフトバンクまとめて支払い」に設定することで最大20%相当の「PayPayボーナス」が付与される、というもの。

今回「GeForce NOW Powered by SoftBank」のプレミアムプランもその対象に加わることが決まり、月額料金の20%、360円相当のPayPayボーナスが毎月付与される。

なお、フリープランの提供に合わせて、プレミアムプランの無料期間は終了となる。

ただし、フリープランの提供開始日は10日なので、9日までにプレミアムプランの本登録が完了したユーザーには無料期間が付与される。一方、10日以降にプレミアムプランの本登録が完了した場合には本登録後から有料になる。

さて、それではフリープランでは一体何をどれくらい行うことができるのか? というと、ひとまず気軽にある程度楽しむことはできる。

混雑時のアクセスはプレミアムプランが優先されるので、フリープランのユーザーは場合によっては接続できるまで待ち時間が発生する場合がある。また、連続プレイはプレミアムプランでは6時間まで可能だが、フリープランでは1時間までとなっている。

そして、これはグラフィックに関する点だが、「NVIDIA RTX」によるリアルタイムレイトレーシングはプレミアムプランのユーザーのみ利用でき、フリープランでは利用できない。ただし、リアルタイムレイトレーシングは対応タイトルのみで利用できる機能なので、その点には注意が必要。

「GeForce NOW Powered by SoftBank」の料金プラン表
<▲図:「GeForce NOW Powered by SoftBank」の料金プラン表>

なお、「GeForce NOW Powered by SoftBank」は、クラウドゲーミングサービスなので、クライアント機器に高負荷処理が可能なハイスペックさは必要なく、数多くのスマートフォン、タブレット、PCなどで利用できる点が大きな特徴。現状では800以上のタイトルを揃え、そのうち80以上の無料タイトルがある。

情報元、参考リンク
GeForce NOW Powered by SoftBank
ソフトバンク/プレスリリース

読者&編集部コメント欄

この記事のコメント:1 件
  1. <編集後記>
    GeForce NOW Powered SoftBankにフリープランが登場することで、気軽にトライできるようになりますね!

    返信削除