Androidニュース&アプリ情報メディア

新着

5/recent/ticker-posts
OCNモバイルONE

IIJmio、データ量追加クーポンやシェア、プレゼント機能、ギガプラン専用アプリ「My IIJmio」を提供へ

インターネットイニシアティブ(以下、IIJ)は25日、格安SIM/スマホサービス「IIJmio」(アイアイジェイミオ)で提供中の新プラン「ギガプラン」において、複数の拡張サービス/機能、アプリをリリースすると発表した。

シェアとプレゼント機能のイメージ
<▲図:シェアとプレゼント機能のイメージ>

具体的には同一契約内の複数回線においてデータ容量をシェアしたり、プレゼント(移行)できる機能の他、1GBあたり220円(税込、以下同)で追加データ量を購入できるデータ量クーポン、そしてギガプランのユーザー専用アプリ「My IIJmio」だ。

また、無料のオプションサービスとして5G通信を行うことができるようになる「5Gオプション」も発表になっている。

これらのサービス/機能は6月1日に提供開始予定で、アプリ「My IIJmio」のみ6月以降と具体的な日にちまでは決まっていない。

IIJmioの新プラン「ギガプラン」は音声通話SIMでデータ容量が2GBのプランが月額858円と、格安SIM市場で最安級ということもあって注目を集め、5月10日時点で約35万回線の申し込みを獲得している。また、データ容量別のみならず音声通話対応SIMのほか、SMS付SIM、データ通信専用SIM、eSIMと、SIMのタイプも4種類と、キメ細かく選択できる点も特徴となっている。

拡張サービスなど
<▲図:6月に提供開始予定となる拡張サービス/機能/アプリ>

そこに今回新たな拡張サービス/機能が加わることで、ギガプランの魅力はさらに増すことになる。

データ容量シェア機能

データ容量のシェア機能の利用料は無料。

この機能は、同一契約(同一ID)内の複数のギガプラン回線の中で、データ容量をシェアできる機能。一つのIDで最大10回線まで利用することができ、シェアしたい複数の回線を一つのグループ「シェアグループ」にして、グループ内で合算したデータ容量を分け合うことができる。

なお、シェアされたデータ容量は、有効期限が短いものから順に使用される。

また、グループを解除する際には、データ容量のプレゼント機能を使って、残りのデータ容量を他の回線に配分できるようになっているので、グループでのシェアや解除は気軽にできる。


データ容量プレゼント機能

同一契約(同一ID)内の回線において、データ容量をプレゼント(移行、移す)できる機能で、こちらも機能利用にあたっての料金は不要。データ容量が足りない回線に対して、余裕のある他の回線からデータ容量を10MB単位でプレゼントできるので、複数回線ある場合には、今まで以上に無駄なくデータ容量を使えるようになり便利だろう。


ギガプラン専用追加データ量(クーポン)

クーポンはデータ容量が不足したときに、IIJmioの公式ウェブサイトにおいて1GBあたり220円で購入できる追加データ量のこと。毎月最大20枚までデータ量(クーポン)を購入できるようになっている。各追加データ量の有効期限は、購入した月の末日となり、余りを翌月に繰り越すことはできないので、その点には注意が必要だ。


ギガプラン会員専用アプリ「My IIJmio」

<▲図:「My IIJmio」のイメージ>

ギガプラン専用のアプリ「My IIJmio」では、データ容量の残りをグラフと数値で一目で把握できたり、高速データ通信のオン/オフ、5Gオプションの状態確認、契約プランの確認、過去のデータ利用量の確認などを行うことができる。このアプリの利用料金も無料だ。

情報元、参考リンク
IIJmio公式サイト
IIJ/プレスリリース

読者&編集部コメント欄

この記事のコメント:1 件
  1. <編集後記>
    5Gオプションの記事の編集後記でも書きましたが、ギガプランのオプションサービス/機能が充実してきたので便利になりますね!

    返信削除