Androidニュース&アプリ情報メディア

新着

5/recent/ticker-posts
OCNモバイルONE

UQモバイル、データ通信専用プランの新規受付を3月末で終了へ。既存ユーザーは継続利用可能

KDDIは格安のモバイル通信サービス「UQ mobile」(UQモバイル)において、データ通信専用プランである「データ高速プラン」と「データ無制限プラン」の新規受付を3月31日をもって終了すると1日に発表した。

ただし、既存ユーザー及び3月末までに加入した方に関しては4月以降も継続利用できる。現時点では後継となるデータ通信専用プランは発表されていないこともあり、UQ mobileでデータ通信専用プランを利用したい方は早めの検討が必要だ。

新規受付終了となる「データ高速プラン」は月額1,078円(以降、税込)で、月々3GBまでのデータ通信ができ、3GB超過後は最大200kbpsに速度制限される。「データ無制限プラン」は月額2,178円でデータ量の上限設定はないものの、速度は最初から最大500kbpsだ。

ここ2、3カ月の間で携帯電話料金の基本的な水準は大きく値下がりしたので、両プランの存在意義、競争力も微妙なところになってきたが、「データ高速プラン」に関しては、月々1,078円で3GBまでの高速データ通信(下り最大225Mbps、上り最大25Mbps)ができるので、意外と悪くない。

というのもUQ mobileの新料金プラン「くりこしプラン」は「くりこしプランS」「くりこしプランM」「くりこしプランL」の3種類が用意され、Sが月々3GB、Mが15GB、Lが25GBだが、全て音声通話付きプランであって、料金もSで月額1,628円、Mが2,728円、Lが3,828円となっており、Sと「データ高速プラン」を比較しても、後者はそれなりに安価だ。

そして、UQ mobileは回線品質に優れ、速度もかなり出るので、データ通信のみを求める場合に約千円で3GBというのは悪くない。

とはいえ、そうは言っても、おそらくそれほど多くの申し込みがある訳ではないことが推測されるし、UQ mobileに限らず、格安SIM/スマホサービスではデータ通信専用プランは減ってきている。音声通話対応プランですら価格帯が下がってきていることも要因だと考えられる。

いずれにしても、月々3GBでau回線網を使ったUQ mobileのデータ通信専用プランに加入したい場合は今月末までなので注意して欲しい。

なお、「データ高速プラン」と「データ無制限プラン」はどちらも初期費用としてSIMパッケージ料金が3,300円発生するので、加入の際にはその点も注意して欲しい。解約に関してはそれほど注意事項はなく、最低利用期間の定めもない。

情報元、参考リンク
UQ mobile
UQ mobile/「その他の料金プラン」のページ(※データ専用プランについて記載)

読者&編集部コメント欄

この記事のコメント:0 件