Androidニュース&アプリ情報メディア

新着

5/recent/ticker-posts
OCNモバイルONE

ドコモ、20GBで月2980円の新プラン「ahamo」の対応機種は3月1日発表。サービスは3月26日提供開始へ

NTTドコモ(以下、ドコモ)は5日、3月に提供開始予定の新料金プラン「ahamo(アハモ)」についての追加情報を明らかにした。まず、サービスの提供開始日が具体的に決まった。3月26日よりスタートする。

さらに、同日開催された決算説明会の場で、ahamoの対応機種が3月1日に発表されることも明らかにされた。現在、ahamoへの切り替えを考えている方は、対応機種が明らかになる3月1日以降、より具体的に検討を始められるようになるはずだ。また、5日の時点で、すでに事前エントリー数が100万件を突破していることも明らかになっている。

非常に魅力あるahamoだが、やはりオンライン申込み限定という点、サポートもオンライン限定という点には注意が必要だ。

一方で、それ以外の懸念点は、実はサービス開始を前にして徐々に解消され始めている。

まず、ドコモの回線継続利用期間は引き継げることが明らかになった。加えて、これは先日発表された内容だが、ahamoのユーザーも、「みんなドコモ割」の回線数としてカウントされる。さすがにahamoユーザーの料金の割引はないが、家族の誰かがahamoに切り替えたとしても、従来プランを利用している他の家族の「みんなドコモ割」の割引額が減ることはないので安心だ。

また、「ファミリー割引」グループ内での国内通話については、ahamoユーザーからの発信は無料にはならない(1回あたり5分以内の国内通話であれば何回でも無料)が、従来プランユーザーの家族からの発信であれば、従来通り無料のままとなる。
<▲図:現時点でのahamoの詳細>

当初想定されていたよりも意外と不自由なく移行できる内容になっており、ショップでの店頭サポートが不要なのであれば、気兼ねなく切り替えられる印象だ。

とはいえ、キャリアメール(「@docomo.ne.jp」のメールアドレスを使ったメールサービス)サービスがなくなる、留守番電話サービスがない、故障対応もオンライン修理受付サービスのみといった点にも注意は必要なので、移行の際には事前に詳細を確認すべきなのも確かだ。

しかし、最終的にはかなりのユーザーがahamoに移行するのではないかと予測されるので、春以降の契約者数の推移も気になるところだ。

【情報元、参考リンク】
ahamo公式サイト
NTTドコモ/プレスリリース
ドコモオンラインショップ

読者&編集部コメント欄

この記事のコメント:0 件