Androidニュース&アプリ情報メディア

新着

5/recent/ticker-posts
OCNモバイルONE

楽天モバイル、中スペック・スマホ「Rakuten Hand」で最大24999円ポイント還元!SIMフリー、顔・指紋認証・おサイフ対応など!

楽天モバイルは7日よりAndroid 10搭載スマートフォン「Rakuten Hand」における新たなキャンペーンを開始した。Rakuten HandはAndroid 10搭載、中位グレードのスマートフォン相当の基本スペック。SIMフリー&eSIM対応、顔認証&指紋認証対応、おサイフケータイ対応など、そつのないスペック構成ながら端末価格が20,000円(税込)と安価な設定が大きな魅力の機種だ。
<▲図:カラーは3色。クリムゾンレッド、ホワイト、ブラック>

そのRakuten Handでは昨年12月の発売以来、とても魅力的なキャンペーンが矢継ぎ早に展開されてきたが、ついに実質0円どころから、最大でプラス4,999円相当の儲けが出るという、非常に嬉しいキャンペーンが始まった。

しかも、キャンペーンの適用条件は特に難しいものではなく、基本的に初めて楽天モバイルを利用する方の場合は、最大のポイント還元を受けられるようになっている。詳しく見ていこう。

まず、ポイント還元の内訳は具体的には下記の通り、2つに分かれる。
  • 1. 「Rakuten UN-LIMIT V」を初めて申し込む場合:5,000ポイント還元
  • 2. 同日中に「Rakuten Hand」を購入する場合:19,999ポイント還元

楽天モバイルの料金プランは「Rakuten UN-LIMIT V」1種類なので、楽天モバイルの通信サービスを利用するつもりであれば、特に問題なく満たせる条件だと思う。過去に「Rakuten UN-LIMIT V」を利用したことがある場合には5,000ポイント還元対象にはならないが、今回が初めてなのであれば、5,000ポイント還元される。

それに加えて、同日中にRakuten Handを購入すれば19,999ポイントの還元を受けられる。

すなわちRakuten Hand購入と楽天モバイルの通信サービスの利用を考えている方で、かつ初めての申込者であれば24,999ポイント還元される、ということになる。

Rakuten Handの端末代自体が20,000円なので、最終的には最大で4,999ポイントのプラスということになり、非常に嬉しいキャンペーンだ。

数年前の携帯電話業界であれば、他社からの乗り換え(MNP)において、運がいいと端末を購入することで出費があるのではなく、逆にプラスになる高額キャッシュバックキャンペーンが行われていたような時代もあったが、今では基本的に無くなってしまったので、今回のRakuten Handにおけるキャンペーンはかなり魅力的だ。

なお、Rakuten Handは、「Rakuten BIG」「Rakuten Mini」と並ぶ楽天モバイルのオリジナルスマートフォンの一つで、ちょうどBIGとMiniの間のサイズとなっている。具体的には5.1インチ、1,520 x 720ドットのディスプレイを搭載するスマートフォンだ。
<▲図:サイズ比較>

Rakuten Handが大きな注目を受けているのは価格が安価な割にCPUが中位グレードのQualcomm Snapdragon 720Gで、メモリも4GB、ストレージも64GBを搭載していること。そして生体認証機能では顔認証のみならず指紋認証にも対応し、おサイフケータイにも対応、また防水・防塵仕様のボディにもなっている等、スペックの良さにある。

ただ、実際に使ってみると微妙な点がないこともないが、正直な話、端末代が実質タダな上、プラスで4,999ポイント貰えるとなると、文句がないどころか、不満な場合にはRakuten Handをサブ機として、別の機種を新たに買い直すという手も気軽にできると思う。

今年の通信キャリア市場では、ドコモが月額2,980円の料金プラン「ahamo」を今春より提供開始することで、月額2,980円のプランがスタンダードになり得る状況へと変化しようとしている。その中で楽天モバイルは料金こそ同額ながら、後発サービスとして通信インフラ整備が遅れているというネックがある。それだけにRakuten Handのキャンペーンのように、魅力あるキャンペーンを一つの武器として戦っていこうとしているように見える。

いずれにしても、関心がある方は要チェックのキャンペーンだと思う。

なお、キャンペーンの終了日は現時点では定められていないので、今のところは焦って申し込む必要がないことも嬉しい。

【情報元、参考リンク】
楽天モバイル/Rakuten Hand製品ページ
楽天モバイル

読者&編集部コメント欄

この記事のコメント:0 件