KDDI総合研究所と日本電業工作、28GHz帯と39GHz帯、2種類の電波を特定の方向へ反射できる特殊な透明反射板を開発

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
KDDI総合研究所は20日、日本電業工作と共同で、28GHz帯と39GHz帯の電波を特定の方向へ反射することのできる「デュアルバンド透明メタサーフェス反射板」を開発したと発表した。これは世界初の事例になるという。

これによって5Gなど次世代の移動通信サービスのエリア構築を迅速に拡張することが可能になるとしており、auの5Gエリア構築に大きく寄与することになるのかもしれない。

5Gで利用する28GHz帯、追加割当候補周波数帯である39GHz帯といった周波数帯の電波は、数GHz帯やそれ以下の周波数帯の電波と比べると回折性が低く、直進性が高い。そのため障害物などがあると電波が届きにくく、5Gのエリア構築をきめ細かく行うための壁となる厄介な性質だ。

そこで電波を鏡面反射とは異なる方向に反射できる反射板「メタサーフェス反射板」が注目を集めているという。

そして今回共同開発された「デュアルバンド透明メタサーフェス反射板」は、その名の通り、デュアルバンドに対応し、透明の板でできたメタサーフェス反射板。

具体的には、1枚の反射板で28GHz帯と39GHz帯の両方に対応し、それぞれ特定の方向に反射できるという。反射板には導電性フィルムと透明樹脂が使われ、仮に大型化しても目立ちにくい外観となっている。

また、反射板には多層化技術を適用し、反射板を構成する反射素子が両方の周波数帯で相互に干渉しにくい構造になっている。

実証実験では、28GHz帯、39GHz帯、どちらの周波数帯においても設計した方向の電波が強くなることが確認されたという。

今回の成果は1月25日から28日までの間、オンライン開催される国際アンテナ・伝播シンポジウム「2020 International Symposium on Antennas and Propagation」で展示される予定。

【情報元、参考リンク】
KDDI総合研究所/プレスリリース
「2020 International Symposium on Antennas and Propagation」公式サイト
【Comments】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑