Amazon、8インチタブレット「Fire HD 8」に3つの新機種!Fire HD 8、Fire HD 8 Plus、キッズモデルが登場!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
アマゾンジャパンは14日、8インチディスプレイを搭載するタブレット「Fire HD 8」シリーズの新モデル3機種を発表し、予約受付を開始した。出荷予定日は6月3日。


新モデル3機種は「Fire HD 8」「Fire HD 8 Plus」「Fire HD 8 キッズモデル」で、価格はFire HD 8の32GBモデルが9,980円、64GBモデルが11,980円、Fire HD 8 Plusは「ワイヤレス充電スタンド」付きで32GBモデルが16,580円(プライム会員は1,600円引き)、64GBモデルが18,580円(プライム会員は1,600円引き)だが、どちらも古いFireタブレットユーザーの場合は2,000円引きのクーポンも用意されている。Fire HD 8 キッズモデルは14,980円だ。

Fire HD 8とFire HD 8 Plusは基本的には同じだが、一部にスペック違いがあり、カラーバリエーションが異なる。

スペック違いはメモリ(RAM)とワイヤレス充電への対応有無だ。Fire HD 8のメモリは2GBだが、Fire HD 8 Plusは3GB、そして後者はワイヤレス充電に対応している。前述した販売モデルにワイヤレス充電スタンド付きがあったことからも分かると思う。

<▲図:Fire HD 8 Plusとワイヤレス充電スタンド>

しかし、それ以外は共通で、ディスプレイは8インチのHD解像度(1,280 x 800ドット)で、CPUはクアッドコア2.0GHz、ストレージは32GBか64GB、ボディサイズは約202 x 137 x 9.7mm、重さは約355gだ。Wi-FiもIEEE802.11 a/b/n/n/ac準拠(デュアルバンド)で、充電端子はどちらもUSB Type-C(USB 2.0)となっている。

カラーバリエーションは、Fire HD 8がブラック、ブルー、ホワイトの3色に対して、Fire HD 8 Plusはスレートのみとなっている。

価格差がそれなりにあるので、単にタブレットとして利用することが中心なら安価なFire HD 8を勧めるが、スマートスピーカー(スマートディスプレイ)代わりにもしたいならFire HD 8 Plusのワイヤレス充電スタンド付きが便利だろう。

<▲図:Fire HD 8 キッズモデル>

Fire HD 8 キッズモデルはちょっとやそっとじゃ壊れないようにキッズカバーが搭載され、2年間の限定保証込みで、ペアレンタルコントロール機能なども利用でき、数千点以上の子供用コンテンツが1年間使い放題だったり、と子供向け機種ならではの特徴をいくつか備えている。

下に掲載したのはAmazon.co.jpでの商品リンク。

  

【情報元、参考リンク】
Amazon/Fireタブレットページ
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑