JR東日本が痴漢通報アプリの実証実験を開始。スマホでワンタッチで車掌に通報→車内放送へ

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)は4日、痴漢防止対策として開発したスマートフォン向けアプリに関する実証実験を行うと発表した。痴漢行為を受けたときにスマートフォン向け痴漢通報アプリからワンタッチで車掌への通報が可能となっていて、通報後は車掌から注意喚起の車内放送が行われる。

<▲図:イメージ図>

このアプリの効果検証、改善点の洗い出しなどのため2月下旬から3月中旬まで埼京線の車内で最初の実験が行われる。実験は時間帯が区切られ、各日7時頃から10時頃とされ、区間は大宮駅から新宿駅間となっている。

さらにこの実験の結果を踏まえて6月以降に再び埼京線の車内で第二段階の実証実験が行われる。

最初に行われる第1ステップの実証実験はJR東日本の社員およびモニターが行うが、第2ステップではモニターが行うとされている。

最初のステップで行われる車内放送は下記の3パターンが予定されていて、あわせて試験である旨も伝えられる。
  • 車内放送のパターン1:一般的なマナー放送 例)「痴漢を見かけた方はお知らせください」
  • 車内放送のパターン2:痴漢行為があったことを伝える放送 例)「車内のお客さまより迷惑行為の連絡がありました」
  • 車内放送のパターン3:○号車から痴漢通報があったことを伝える放送 例)「○号車のお客さまより、痴漢の通報がありました」

実証実験の詳細については関係する駅にポスターが掲出される予定とのこと。詳細を知りたい方は、ポスター掲出を待とう。

なお、アプリにはスマートフォンから警告音を鳴らす機能も搭載されているので、それも効果があるかもしれない。


【情報元、参考リンク】
JR東日本/プレスリリース(PDF)
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑