山形新幹線「赤岩駅~板谷駅」間のトンネル内で各社の携帯電話サービスが利用可能に

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)、KDDI、ソフトバンクは14日、山形新幹線(奥羽本線)のトンネル内において東日本旅客鉄道(JR東日本)と共同で進めているエリア整備に進展があったことを明らかにした。

<▲図:サービスエリア拡大区間>

24日の始発列車より「赤岩駅~板谷駅」間のトンネル内でドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイルの携帯電話サービスが利用可能になる。もちろん、各社の回線を使って通信サービスを提供している格安SIM/スマホサービスに関しても同様だ。

山形新幹線におけるトンネル内エリア整備は完了に近づいており、多くのエリアで既に携帯電話サービスの利用が可能となっている。3月末まで(2019年度内)に利用可能となる予定のエリア、それに続くエリアの情報も公開されているので、関心がある方は上図を確認して欲しい。

【情報元、参考リンク】
NTTドコモ/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑