ワイモバイルの学割発表!最大13か月間、毎月1000円引き!学生と家族どちらも対象

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
通信各社から学割サービスの発表が相次いでいるが、「Y!mobile(ワイモバイル)」のサービスも25日に明らかになった。29日より開始となり、2020年6月1日まで受け付けられる予定だ。

<※クリックして拡大>

詳しい条件は後述するが、対象は期間中にワイモバイルを契約した5歳から18歳までの方(以降「学生」と記す)とその家族となる。特典は最大で13カ月間、毎月1,000円引きというもの。例えば、同日から提供開始となる「データ増量無料キャンペーン2」など、他の割引サービスと合わせて適用することで、月々12GBの大容量データ通信のプランを月額1,480円から利用することも可能となる(※割引適用期間中)。

改めて詳しく見ていきたい。

まず、特典は料金プラン「スマホベーシックプランM」もしくは「スマホベーシックプランR」の月額使用料が契約当月から最大13カ月間1,000円引きになる、というもの。できれば最も安価な「スマホベーシックプランS」でも割引して欲しいところだが、対象はMプランとRプランのみとなっている。

Mプランは月間データ通信量が9GBで、Rプランは14GB。ちなみにSプランは3GBだ。「データ増量オプション」に申し込むと、Sプランが4GB、Mプランが12GB、Rプランが17GBになる。

先ほども述べたように、いくつかの割引サービスを併用できるので、例えば「家族割引サービス」または「おうち割 光セット(A)で500円引き、「新規割」で700円引き(7か月目まで)、そして学割で1,000円引き、とすると、Mプランは月額3,680円から1,480円にまで下がる。Rプランだと4,680円から2,480円だ(※上表参照)。

新規割は適用期間が7か月目までと短いのが残念だが、学割は13か月目まで適用される。

次に対象者について詳しく紹介したい。

前述のように割引対象の料金プランがMかRに限定されているため、当然それらのプランへの加入が必須だ。さらに、学生に関しては5歳から18歳であることが条件となっている。また、新規契約、MNP、ソフトバンクからの番号移行、PHSからの契約変更のいずれかでの契約が必要だ。

一方、学生の家族に関しては学生と同一の「家族グループ」への加入が必須。あとは学生と同様、新規契約、MNP、ソフトバンクからの番号移行、PHSからの契約変更のいずれかでの契約が条件となっている。

【情報元、参考リンク】
ワイモバイルオンラインストア
ソフトバンク/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑