北陸新幹線の峰山トンネル東側~上越妙高駅間のトンネル内で各社の携帯電話サービスが利用可能に!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
KDDI、NTTドコモ(以下、ドコモ)、ソフトバンクは26日より北陸新幹線のトンネル内における携帯電話サービスのエリアを拡大する。3社は西日本旅客鉄道(JR西日本)と共同でトンネル内でのエリア整備を進めており、これまでに金沢駅と峰山トンネル間の整備が完了し、サービス提供中となっている。

<▲図:北陸新幹線のトンネルにおけるエリア整備状況>

今回は新たに峰山トンネル東側と上越妙高駅間の整備が終わり、区間内の4つのトンネルにおいても携帯電話サービスを利用できるようになる。

26日の始発列車から該当区間内のトンネルを走行中の列車内でも携帯電話サービスを利用できる。データ通信はもちろん音声通話も可能だ。ただし、音声通話に関しては座席での利用は避けるなど、マナーを遵守したい。

また、ソフトバンクについては「ワイモバイル」も含まれる。

今回のエリア整備によって、金沢駅から上越妙高駅間のトンネル内のエリア化が完了したことになる。

【情報元、参考リンク】
KDDI/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑