Android 10正式版配信開始!日本のPixelユーザーも早速アップデート可能!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
米Googleは現地時間3日、Androidの最新のメジャーバージョンとなる「Android 10」の正式版をリリースした。いつものようにGoogleブランドの「Pixel」シリーズからの提供となり、それは日本市場で販売されている「Pixel 3」「Pixel 3 XL」「Pixel 3a」「Pixel 3a XL」も例外ではない。すでにアップデートした方もいることと思う。

<▲図:今回からロゴのフォント、カラーも変化>

なお、Googleは今回のAndroid 10からお菓子の名前を元にした愛称を付けることを止めると共に、ロゴの変更も行っている。フォントとカラー、どちらも変更となっている。

厳密にいえば前述したPixel 3シリーズの他、「Pixel」「Pixel XL」「Pixel 2」「Pixel 2 XL」でも利用可能となっている。

他社のAndroid端末へのAndroid 10アップデートの提供に関しては端末メーカー、通信キャリア等と協力した上で順次配信となる予定。実際の配信時期に関しては、NTTドコモ(以下、ドコモ)、au、ソフトバンクといった通信キャリアの販売製品に関しては、過去のバージョンと同様にキャリアがスケジュールを明らかにするはずだ。

Android 10へのアップデートを実際に行う際には使用中の様々なアプリの対応状況を確認することを忘れないで欲しい。

毎回メジャーアップデートの際には「おサイフケータイ」系、決済サービス系、ポイントサービス系などで不具合や対応が遅れるサービスがあるのが恒例だし、ゲームアプリなどでも同様に不安定な挙動を示すような事態に陥ることもある。そのため、特に急がないのであれば、普段自分が使っているアプリ/サービスの対応予定を確認してからの方が無難だ。実際、ドコモの「d払い」アプリおよび「dフォト」アプリはAndroid 10では使えなくなるので注意したい。Android 10対応のアップデートはd払いが10月末、dフォトが11月に提供予定となっている。

とはいえ、メジャーアップデートは端末を生まれ変わらせるほど大きな変化を及ぼすこともあるので、楽しみにしている方は多いと思う。

早速、Android 10の大きな特徴をチェックしてみたい。GoogleはAndroid 10の代表的な特徴をはバージョンナンバーにちなんで10個挙げている。
  1. Live Caption
  2. Smart Reply
  3. Sound Amplifier
  4. Gesture Navigation
  5. Dark theme
  6. Privacy Controls
  7. Location Controls
  8. Security Updates
  9. Focus mode
  10. Family Link

実のところ、一見しただけで気付くような見た目上の劇的な変化はない。見た目上の大きな変化はせいぜいDark themeくらいだろう。Dark themeは、システム全体のUI(メニュー等)を黒やグレーなどの暗い色を背景にできるテーマだ。好みが分かれるところだが、Dark themeには電力消費を抑えられるという利点もある。

<▲図:Dark theme>

また、Gesture Navigationも日常的に影響を与える変化の一つではある。Android 9から基本ナビゲーション操作(ホーム、戻る、マルチタスク)に手が加わり、見た目が変わった上、ジェスチャー操作も可能となっているが、Android 10ではさらに強化されている。具体的には、ホームキーを左右フリックすることでアプリの切り替えができたり、といった具合だ。ただし、ジェスチャー操作に関してはユーザーが設定でオン/オフはもちろん、細かく変更できるので、好みに合わせれて設定すればいい。ジェスチャー操作よりも従来のナビゲーションキー操作を好む方も多いと思う。

もう一つ日常的に便利さを感じさせてくれそうなのはFocus modeだ。

これはWindows 10の「集中モード」(Focus Assist)と似た機能で、何かのアプリでの作業に集中したいとき、オンにすることでアプリの通知やバックグラウンド駆動を一時的に止められる機能だ。Windows 10でも「集中モード」をオンにすることで重要な通知以外を止めたり、アラームだけにできたりするが、基本的には同じ考えの機能となる。通知が邪魔な時に使ってみよう。ただし、今回は開発中のベータ版としての導入に留まる。

他には「YouTube」でお馴染みの「ライブ字幕」(Live Caption)の導入が便利かもしれない。

Googleのビデオ通話アプリ「Duo」や様々な動画、音声チャットなどにおいてもリアルタイムで字幕を表示できる、というものだ。

Smart Replyはメールへの返信を手軽にできたり、メール内情報を他のアプリで利用しやすくしてくれる。Sound Amplifierは、その名の通り、音を大きくしてくれる、Privacy ControlsやLocation Controlsでは各種情報の制御・保護についての新機能・改善などがある、Family Linkは子供に端末を使わせる際に便利な利用制限機能などだ。

<▲図:Smart Replyのイメージ>

【情報元、参考リンク】
Google Android Developers Blog/Welcoming Android 10!
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑