BLUEDOTからUSB PD対応20000mAhで2680円のモバイルバッテリーが登場!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
低価格のタブレットなどを手掛けるBLUEDOTからUSB PD対応で容量が20,000mAhのモバイルバッテリー「BMB-PD201」を25日に発表した。カラーバリエーションはホワイトとブラックの2色。発売日は9月上旬の予定で、参考価格は2,680円(税込)だが、すでに同社公式ストアでは先割販売(予約販売)が始まっていて、若干の割引によって2,580円となっている。

<▲図:カラーは2色>

製品パッケージにはモバイルバッテリー本体に加えて、充電専用のUSB Type-C - Type-Cケーブルも同梱される。

いずれはUSB PD対応モバイルバッテリーの選択肢が市場全体で本格的に増えてくると思うが、今のところは出始めの時期に当たり、まだそれほど多くはない。

特に45W以上の高出力製品に限ると本当に少ない。USB PDの規格上の最大出力は100Wなので、来年・再来年には100W出力対応製品も増えるだろう。一方で、最大18W出力の製品はそれなりに増えてきている。とはいえ、安価な製品はそれほど多くもない。それこそ20,000mAhクラスの容量を持つモバイルバッテリーだと、今回登場するBMB-PD201よりも高い製品ばかりだ。

そのため、BMB-PD201は出力こそ最大18Wにとどまるが、スマートフォンやタブレット向けのUSB PD対応モバイルバッテリーの分野では、コスト面で大きな魅力を持っている。USBケーブルが付属しているのも意外と良い点だろう。高出力の充電はケーブルも対応品を用意しないといけないため、いくら手持ちがあるとはいっても仕様の分からない古いケーブルの流用は避けた方がいいからだ。

BMB-PD201には3つの出力ポートが搭載されている。Type-Cが1つ、Type-Aが2つで、出力の詳細は下記の通りだ。
  • USB Type-C:5V/3A、9V/2A、12V/1.5A(USB PD2.0/3.0)
  • USB Type-A:5V/3A
  • USB Type-A:5V/3A、9V/2A、12V/1.5A(QC3.0)

Type-Aも「Quick Charge 3.0」対応なので、スマートフォンを急速充電できる。Type-CはUSB PD対応とはいっても最大18W出力なので、ノートPCやWindows 2in1などの充電には不十分かもしれない。とはいえ、スマートフォン、タブレットを主な充電対象とする製品だと思うので、全く問題ないだろうし、機種によってはWindows PCでも充電できる機種があると思う。

<▲図:出力ポートはUSB PD対応Type-Cのほか、Type-Aが2つ>

BMB-PD201の内蔵バッテリーを充電するための入力端子は2系統ある。入力専用のmicro-Bと出力と入力兼用となるType-Cだ。Type-Cは出力時と同じように、最大18W対応で、micro-Bも5V/2A、9V/2Aに対応している。

9V/2Aでの充電だと約6時間、5V/2Aだと約9時間半かかる。

本体サイズは約147 x 68 x 25mm、重さは約405g。

【情報元、参考リンク】
BLUEDOT/BMB-PD201製品ページ
BLUEDOT/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑