今年の富士山ではドコモの下り最大1238MbpsのLTEが利用可能に!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)は8日、富士山の山頂においてFOMA、LTEの通信サービスを10日から提供開始すると発表した。例年通り、山開き期間中、通信サービスが提供される。

そして今年の注目点は、山頂の一部エリアにおいて、「PREMIUM 4G」による下り(受信時)最大1238Mbpsの通信サービスが提供されることだ。もちろん対応機種でなければならないし、実行速度が1Gbpsを超えるというわけではないが、山の頂上で超高速モバイル通信サービスを利用できる時代になったことは本当に驚きだ。

また、登山口・登山道においては、吉田ルート、須走ルート、御殿場ルート、富士宮ルートの全登山道において、下り最大速度450Mbpsの通信サービスが一年中利用可能となっている。

山小屋では「docomo Wi-Fi」による公衆無線LANサービスも提供されている。

【情報元、参考リンク】
NTTドコモ/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑