ドコモの多種多様なサービスを体験できる実験店舗「d garden」が4月18日にオープン!ドコモユーザーでない方でも気軽に体験可能!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)は11日、ドコモショップ五反田店をリニューアル、名称も「d garden 五反田店」(ディーガーデン ゴタンダテン)に変更して18日にオープンすると発表した。

<▲「d garden 五反田店」(旧ドコモショップ五反田店)へのアクセスマップ>

d gardenは、地域やユーザーの多様なニーズにあった「新たな顧客体験価値」を提供する実証実験店舗として準備されている。それこそドコモユーザーではない方でもドコモの様々なサービスやコンテンツなどを気軽に体験できる空間になるという。

もちろん通常のドコモショップのように機種の購入や故障受付などの各種事務手続きも可能だし、ドコモスマホ教室のようなサービスも従来通り提供される。その上で新たな顧客体験を提供する場に生まれ変わることになる。

では、新たな取り組みとは何なのか? というと、主に4つあるようだ。

一つは他の企業とのコラボレーションで、第一弾としてフリマアプリ「メルカリ」との連携が行われる。

具体的には、無償の梱包資材を備えた梱包場所が設置される。メルカリで売れた商品を持参するだけでその場で発送可能にできる「つつメルすぽっと」だ。加えて、メルカリの取引や発送に関する質問ができるポップアップストアの実証実験も行われる。

二つ目はシェアリング拠点としての活用だ。

ドコモ・バイクシェアによる自転車のシェアリングサービス、モバイルバッテリーのシェアなどの拠点としても提供される。自転車のシェアリングサービスはドコモ・バイクシェアだけでなく各社が参入していて、今では利用可能な場所も増えてきているが、意外と対人で質問できる環境に乏しい。それだけにd gardenでドコモ・バイクシェアについてもスタッフにサポートしてもらえるのは便利かもしれない。

三つ目はスマートフォンと連携する周辺機器の体験やオンライン購入体験のサポート。具体的にはショッピングサイト「FavoSquare」の商品を店内で体験できるコーナーが設置され、希望者はその場でオンライン購入できる上、手続きをスタッフにサポートしてもらうことができる。

四つ目はオープンで入りやすい空間の提供で、そのための施策としてdポイントクラブ会員向けの「コーヒー提供コーナー(無料)」(カフェ)や、カフェ利用者への「専用タブレット貸し出し」及び「dマガジン for biz」の自由閲覧などが提供される。

なお、d gardenへのリニューアルのため4月1日から17日までドコモショップ五反田店は臨時休業となっている。住所は下記の通りだ。

東京都品川区西五反田1-31-1 日本生命五反田ビル 1階

【情報元、参考リンク】
ドコモショップ五反田店
NTTドコモ/プレスリリース(PDF)
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑