TSUTAYAのスマホ「トーンモバイル」から全世代向け新スマホ「TONE e19」が登場!19800円

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
「TSUTAYAのスマホ」と言われ、TSUTAYAの店舗のほか、最近ではカメラのキタムラでの取り扱いも拡大中のスマートフォンサービス「トーンモバイル」を展開するトーンモバイル株式会社が14日、スマートフォン新製品「TONE e19」を発表した。


発売日は3月1日の予定で、事前予約はすでに受付開始となっている(後述参照)。価格は19,800円だ。ハードウェアの魅力はもちろん、AIを活かした最新の安心・安全サービス「TONE あんしん AI」への対応も特徴となる。

まずはTONE e19のハードウェアから見ていきたい。

<TONE e19>


TONE e19のディスプレイは約5.93インチで、縦横比が19:9、解像度がHD+(1,512 x 720ドット)となっている。通常のHD解像度だと1,280 x 720ドットなので、縦方向のドット数が多いことが分かる。ちょうど前面のサブカメラ部分の周りを切り抜いた、いわゆる「ノッチディスプレイ」であり、上部、左右のベゼル(額縁部分)もかなり狭く、他社のハイエンドスマートフォンなどと比べても見劣りする見た目ではない。背面のデザインも良い。

背面にはデュアルカメラ(1,200万画素のセンサーと500万画素のセンサーの組み合わせ)と指紋認証センサーを搭載する。生体認証については指紋認証のほか、前面のサブカメラ(約800万画素)を使った顔認証にも対応している。


また、セキュリティに関しては、アプリごとの指紋認証「生体アプリ認証」の設定も可能となっていて、万一誰かに端末自体のロックを破られたとしても、アプリごとの認証によってアプリのデータを守ることが可能となっている。

Androidスマートフォンとしての基本部分については、OSがAndroid 8.1、プロセッサはQualcomm Snapdragon 450(オクタコア1.8GHz)、メモリ(RAM)は3GB、ストレージ(ROM)は32GB、外部メモリとなるmicroSDカードは最大で256GBのmicroSDXCまでサポート、といったところ。

ディスプレイの解像度がHD+であることを考えると、一般的な用途ではSnapdragon 450と3GBのメモリで十分以上に快適なパフォーマンスを示してくれると思う。

バッテリー容量は4,000mAhで、本体サイズは約153.6 x 73.1 x 8.9mmで、重さは約167.5g。

注意したいのは、おサイフケータイとワンセグには非対応だということ。また、防水・防塵仕様でもないので、その点には気をつけなければならない。




<TONE あんしん AI>

TONE e19は全年代向けの新機種とされているが、子供向けスマホとして使う場合には、トーンモバイルが提供中のサービス「TONE あんしん AI」への対応も便利かもしれない。

近年のスマートフォンではAIをパフォーマンスの最適化、カメラ機能などに活用する例が多いが、トーンモバイルでは子供の見守り、安心・安全サービスに活用している。もちろん今回発表された新機種のTONE e19でも「TONE あんしん AI」を利用できる。

そして今回、「TONE あんしん AI」自体の機能拡充も行われている。新機能は「あんぜんオススメ」と「ここだけアプリロック」、そして「あんしんレポート」の機能拡充だ。

「あんぜんオススメ」では、子供の年齢によってAIが「TONE ファミリー」の設定をオススメしてくれる。あらかじめ設定しておいた場所に出入りすると保護者が通知を受け取れる「ジオフェンス機能」に関しても、子供の過去の位置情報などを学習して、保護者に対してオススメの設定を通知する。

「ここだけアプリロック」はベータ版が提供中で、3月に正式版にアップデートされる予定。ジオフェンス内で許可するアプリを設定できるようになる機能。例えば、学校にいるときはAとBというアプリは禁止しつつ、学校外では許可する、といったように、アプリ個別にロックをかけられる。

「あんしんレポート」は、子供のネット利用時間や歩数・活動量など一日のネット及び日常生活の状況を保護者が一目でわかるようにまとめて報告してくれるレポート機能。子供が歩きスマホをしていると画面上に警告を表示し、保護者に通知が届く「歩きスマホ警告」が新たに導入され、その時の位置情報も含めてレポートに追加される。




<予約・販売情報>

TONE e19は、2月14日より、オンライン及び店頭での事前予約受付が始まっている。店舗については、TONEを取り扱っているTSUTAYA、カメラのキタムラとなる。TONEの取り扱い店舗リストはこちらのページに記載されている。

なお、予約した上で3月中に実際にTONE e19を購入すると、「Tポイント」が500ポイント付与される特典もある。

【情報元、参考リンク】
TSUTAYAのスマホ 「TONE」
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑