北陸新幹線の新親不知トンネル東側~糸魚川駅間、糸魚川駅~峰山トンネル西側間のトンネルで各社の携帯電話が利用可能に!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
NTTドコモ(以下、ドコモ)、KDDI、ソフトバンクは18日、北陸新幹線のトンネル内における携帯電話サービスの利用可能エリアが拡大すると発表した。

<▲図:北陸新幹線におけるトンネル内のエリア整備状況>

北陸新幹線のトンネル内における携帯電話サービスのエリア整備は通信各社と西日本旅客鉄道(以下、JR西日本)が共同で行っているが、今回は新たに2つの区間の整備が完了し、携帯電話サービスを利用できるようになる。

まず、2月22日の始発列車より、「新親不知トンネル東側~糸魚川駅」間のトンネル内で携帯電話サービスを利用できるようになる。

続いて、3月15日の始発列車より「糸魚川駅~峰山トンネル西側」間のトンネル内でも利用できるようになる。

両区間の整備が完了した後は、「金沢駅~峰山トンネル西側」間のトンネルは整備完了済みとなり、残るは「峰山トンネル」の東側と上越妙高駅の間、「八重原トンネル西側~飯山駅」間となる。これらの区間についても現在対策工事を実施中とのこと。

なお、ソフトバンクに関してはワイモバイルも含まれる。

【情報元、参考リンク】
NTTドコモ/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑