格安SIM「nuroモバイル」でソフトバンク回線プランの020番号データ専用SIM提供開始!月額2円程度のユニバーサルサービス料の負担不要

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ソニーネットワークコミュニケーションズは1日よりモバイル通信サービス「nuroモバイル」におけるソフトバンク回線プランで、「020」から始まる電話番号によるデータ通信専用SIMの提供を開始した。


nuroモバイルはいわゆる格安SIM/スマホサービスだが、マルチキャリア対応でNTTドコモ(以下、ドコモ)の回線を使ったプランとソフトバンクの回線を使ったプランを提供している。昨年10月25日よりドコモ回線プランでは020番号帯でのデータ専用SIMの提供が行われているが、約一年後の今回、ソフトバンク回線プランでの提供も始まった。

結果的に11月1日以降に新たにデータ専用SIMを申し込んだ場合、ドコモ回線プランだろうとソフトバンク回線プランだろうと、全てが020番号での提供となった。

また、携帯電話を利用している方は基本的に皆が毎月支払っている「ユニバーサルサービス料」は020番号のデータ専用SIMでは不要となっている。ユニバーサルサービス料は、固定回線、公衆電話、緊急通報等を維持するために通信事業者全体で負担しているもので、最終的にはユーザーから1つ1つの番号ごとに毎月徴収している。ユニバーサルサービス料の額は半年に一度改定が行われるが、2、3円程度となっている。

nuroモバイルに限った話ではないが、020番号のデータ専用SIMではユニバーサルサービス料が不要となっているので、ほんの僅かではあるが、ユーザー視点ではお得となっている。

ちなみにnuroモバイルのデータ専用SIMの月額料金はかなり安く、ドコモ回線プランでは月額300円から、ソフトバンク回線プランでは月額500円からとなっている。

【情報元、参考リンク】
nuroモバイル
ソニーネットワークコミュニケーションズ/プレスリリース
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑