ヤフオク!でオープン型宅配便ロッカーからの発送が可能に!

  • ツイート
  • Facebookでシェア
  • このページをはてなブックマークに追加
  • このページをGoogle+でシェア
  • LINEで送る
  • Pocketであとで読む
  • FeedlyでFollow
ヤフーは20日、ヤマト運輸と連携し、ネットオークション/フリマサービス「ヤフオク!」において、商品をオープン型宅配便ロッカー「PUDO(プドー) ステーション」から発送できるサービスを提供開始した。

<▲図:利用イメージ>

PUDOというのは駅やコンビニ、スーパー、駐車場などの公共スペースに設置されている宅配便ロッカーで、ヤマト運輸に限らず、どの宅配会社のサービスでも利用できる点が大きな特徴。全国3,000ヶ所に設置されているので見かけたことがある方もいると思う。

これまではPUDOは宅配便の受け取りに利用されてきたが、今回は初めて発送窓口として活用されることになる。

利用手順を紹介すると、まずは出品者がヤフオク!で出品する際の配送方法に「ヤフネコ!パック」を選択し、発送方法としてPUDOを選択する。

次に商品が落札され、落札者からの支払い連絡が完了した後、「取引ナビ」で二次元コードを発行し、PUDOに荷物(商品)と二次元コードを持ち込む。PUDOで二次元コードをかざし、発送手続きを行えばいい。あとはヤマト運輸が落札者へ配送する。

<▲図:利用フロー>

なお、PUDOの設置場所は公式サイト内の下記リンク先のページで確認できる。
PUDOステーションの所在地

【情報元、参考リンク】
ヤフオク!
【コメント】 0 件

コメントを投稿

 

ホームへ戻る | このページの先頭へ ↑